D&D

《軍用武器習熟》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《軍用武器習熟》[一般]Martial Weapon Proficiency

たとえばロングボウなど、11種類の軍用武器を選ぶこと(軍用武器のリストは『プレイヤーズ・ハンドブック』の「表7-5:武器」、p.114を参照)。君はその軍用武器を使って戦う方法を心得ている。
《習熟》している武器の数を、各クラスの説明にある使用可能武器リストにあるよりも増やしたければ、この特技を修得するといい、

利益:

君はその武器での攻撃ロールを通常通りに行うことができる。

通常:

《習熟》していない武器を使うキャラクターは攻撃ロールに-4のペナルティを被る。

特殊:

バーバリアン、ファイター、パラディン、レンジャーはすべての軍用武器に習熟している。改めてこの特技を修得する必要はない。
この特技は複数回修得できる。1回修得するたびに、1種類の新しい武器に適用される。
信仰する神の好む武器が軍用武器であって、領域のひとつとして“戦”の領域を選んだクレリックは、その武器の《軍用武器習熟》をボーナス特技として自動的に得る。この特技を選択する必要はない。
テンサーズ・トランスフォーメーションの呪文を自分にかけたソーサラーやウィザードは、呪文の持続時間の間、すべての軍用武器に《習熟》する。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブック』p.91

最終更新:2013年11月12日 20:51