D&D

セイン(キャラクター・クラス)

セイン

FIGHTER VARIANT: THE THANE『従士』
セインは氏族や部族の首長を守護することを誓った専門的なファイターであり、ボディガード、闘士、君主の軍勢の指揮官として仕えている。そういった献身的な戦士は、通常君主の領国、氏族、部族の指導者一族や貴族出身である。彼らにとって最も重要な資質は忠誠心であり、君主の命を守り、君主の恨みを晴らすために死ぬことが期待されている。セインの忠実な奉仕への見返りとして、パトロンはその守護者に対して食事や宿の世話をし、下賜品を授与する。騎乗する戦士を重んじる文化出身のセインは、しばしば騎士の理想を抱き、戦いの何らかの様式に価値を見出している社会の出身者は、最も高潔な士であるかも知れない。
セインは、力術士が専門家ウィザードであるのと同様、専門家ファイターである。もし他に特記事項がなければ、セインはファイターと同じ様式(同じヒット・ダイス、基本攻撃ボーナス、セーヴィング・スロー・ボーナス、技能ポイントなど)で成長する。キャラクターがファイターかセインのどちらのレベルを取るか選択する時、彼は後でもう一方のクラスのレベルを取ることはできない。これによって、1人のキャラクターが1レベル・ファイターを2回取って二重に利益を得ることができないようにしている。

クラス技能

セインのクラス技能(およびそれらの技能それぞれの関連能力値)は次の通り:
〈交渉〉【魅】、〈騎乗〉【敏】、〈水泳〉【筋】、〈製作〉【知】、〈跳躍〉【筋】、〈登攀〉【筋】、〈動物使い〉【魅】
(通常のファイターとの相違点:〈交渉〉を追加。〈威圧〉を削除。)

クラスの特徴

下記のすべてがセインのクラスの特徴である。

武器と防具の習熟:

セインはすべての単純武器と軍用武器、そしてすべての鎧(重装鎧、中装鎧、軽装鎧)と盾(タワー・シールドを含める)に習熟している。

ボーナス特技:

セインは通常のファイターと同じようにボーナス特技を得る。通常のファイターのボーナス特技に加えて、セインはファイターのボーナス特技の1つとして、サイドバーに記載されている“新しいセイン用特技”にある特技の1つを選択することもできる。

従者の誓い Thane’s Vow:

1レベル時、セインは1人の君主か主人に献身することを誓う。この君主は実際の領地支配者である必要はなく、ただセインが自ら献身するに相応しいとみなしたどんな人物でもよく、その人物の方でもセインの奉仕を受け入れさえすれば良い。
いったん献身することを誓ったなら、いかなる理由があろうとも、セインが自由意志で仕える君主を変更することはできない。もしセインの君主が殺されたなら、セインは彼の主人を殺した者に即座に復讐をするか、死を与えなければならず、その任務が果たされるまでギアス/クエストの効果を受けているものと見なされる(この探索はリムーヴ・カース呪文によって時期を早めて終了させることはできない)。君主のいないセインは、彼の誓いが果たされるまで、【魅力】修正値を基準にするすべての技能判定に-4ペナルティを被る。セインが以前の君主の死に対する復讐を成し遂げた後は、彼は自由に新たな君主に献身の誓いを捧げることができ、【魅力】に基づく技能判定へのペナルティを取り除くには、そうしなければならない!

新しいセイン用特技

出典:

『Dragon #323』p.96

関連項目

最終更新:2013年12月07日 21:40