D&D

種族特技(Dragon誌)

種族特技

Racial Feats
同じ種族の者の中にも、戸惑うほどたくさんの種類の体型、外観、能力が存在している。これらの変わり種のほとんどは、その種族のD&Dのゲーム状の定義の中に収まるが、中には標準の規格外の者も存在している。プレイヤーである君は、君のキャラクターがその種族の一員の中で、どれくらい大きな違いがあるのか説明できるであろうか?
そこで種族特技である。
種族特技はキャラクターの種族的特徴を変更させる。それらによって、そのクリーチャーは同じ種族の仲間とは異なった者になる。種族的なボーナスとペナルティが変更されたり、元々持たないものを与えたりする。多くの場合、それらは君のキャラクターを大いに変更させることになる。
1人のキャラクターは1つの種族特技しか修得できず、また1レベル時に選択しなければならない。ファイターは1レベル時のファイター用ボーナス特技として種族特技を修得することはできない。

種族特技

出典:

『Dragon #324』p.78

関連項目

最終更新:2013年12月07日 21:41