D&D

《ドルイド知識混成術》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ドルイド知識混成術》[一般]Druidic Theurgy

別の呪文発動クラスで与えられた知識をドルイド呪文に適用できる。

前提条件:

3レベル・ドルイド呪文を発動する能力、それとは異なる呪文リストの呪文を発動する能力。

利益:

君が最低でも1レベルを有するドルイド以外の呪文発動クラスを1つ選択する。選択したクラスの呪文リストにも存在するドルイド呪文を発動する際、君の術者レベルはドルイド・クラスと選択したクラスの合計に等しいものとなる。たとえば5レベル・ドルイド/2レベル・クレリックが両方の呪文リストに出てくる呪文を発動する際には、7レベルの術者として扱われる。
これは1日の呪文数や修得呪文数には影響しない。適切な補足説明を持つ呪文を発動する時の術者レベルを上昇させるだけである。

特殊:

君はこの特技を複数回修得できる。その効果は累積しない。この特技を修得するごとに、最低でも君が1レベルは有するドルイド以外の別の新しい呪文発動クラス属性に対して適用される。

出典:

『Dragon #325』p.61

関連項目

最終更新:2013年11月14日 23:28