D&D

《精密射撃強化》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《精密射撃強化》[一般]Improved Precise Shot*

君の遠隔攻撃は遮蔽や視認困難を無視できる。

前提条件:

【敏捷力】19以上、《近距離射撃》《精密射撃》、基本攻撃ボーナス+11以上。

利益:

君の遠隔攻撃は完全遮蔽未満の遮蔽によってもたらされる目標のアーマー・クラス・ボーナスおよび、完全視認困難未満の視認困難による失敗確率の影響を受けない。完全遮蔽、完全視認困難による効果は君の遠隔攻撃に対して通常通りに適用される。
さらに、組みつき状態にある相手に対して遠隔武器を射撃したり、投げたりした場合、君は目標とする相手を(ランダムに選ぶのではなく)自分で選択できる。

通常:

『プレイヤーズ・ハンドブック』p.148~150の遮蔽と視認困難の項を参照。この特技を持っていない場合は、組みつきに参加している標的に対して遠隔武器を射撃したり、投げたりした場合、組みつきに参加しているものの誰にあたったかをランダムにロールして決定しなければならない。

特殊:

ファイターは《精密射撃強化》をファイター・ボーナス特技(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.48参照)として選ぶことができる。
“弓術”の戦闘スタイルを選択した11レベルのレンジャーは、前提条件を満たしていなくても《精密射撃強化》の特技を使えるが、軽装鎧を着ている時か、鎧を着ていない時しか使えない(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.53を参照)。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブック』p.93

関連項目

最終更新:2013年11月15日 20:32