D&D

《束ね射ち》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《束ね射ち》[一般]Manyshot*

君は近くの標的に対して、1回の攻撃で複数のアロー(矢)を放つことができる。

前提条件:

【敏捷力】17以上、《近距離射撃》《速射》、基本攻撃ボーナス+6以上。

利益:

標準アクションとして、30フィート以内の1体の敵に2本のアローを撃つことができる。両方のアローは命中するか否かについて(-4のペナルティを受けた上で)同じ攻撃ロールを用い、そして通常通りのダメージを与える(しかし、特殊の項を参照すること)。
君の基本攻撃ボーナスが+6以上を5ポイント上回るごとに、君はさらにこの攻撃で追加の1本のアローを撃つことができる。最大本数は基本攻撃ボーナスが+16のときの4本である。しかし、2本目からアローを1本増やすごとに、攻撃ロールに-2のペナルティ(累積する)が課せられる(従って、合計は3本のアローでは-6、4本のアローでは-8となる)。
ダメージ減少や他の抵抗能力は撃たれたアローそれぞれに対して別々に適用される。

特殊:

撃ったアローの本数に関係なく、狙いの正確さに基づくダメージ(急所攻撃のダメージなど)は1回のみ適用される。クリティカル・ヒットとなったなら、最初の1本のアローのみがクリティカル・ヒットのダメージを与える。他のアローは通常のダメージしか与えない。
ファイターは《束ね射ち》をファイター・ボーナス特技(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.48参照)として選ぶことができる。
“弓術”の戦闘スタイルを選択した6レベルのレンジャーは、前提条件を満たしていなくても《束ね射ち》の特技を使えるが、軽装鎧を着ている時か、鎧を着ていない時しか使えない(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.53を参照)。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブック』p.94

関連項目

最終更新:2013年11月15日 21:22