D&D

混沌の特技

混沌の特技 Chaos Feats

無秩序の申し子であるのか、恐ろしい物を目撃したことで発狂したキャラクターであるのか、あるいは単に自由を謳歌するだけの人物であるのかなど、混沌は生ける者たちの間でさまざまな形態を取る。積極的に混沌を助長する強力な存在―あるいはそれを心や魂に包含している者―は、ときに定命の者たちに混沌の精髄を与えてくれる。この恩恵はしばしば無秩序特技という形で与えられる。
この記事では無秩序特技について紹介する。これは『不浄なる暗黒の書』における猛悪特技、『高貴なる行ないの書』における高貴なる特技と対応する混沌版である。混沌の属性を持ち、その生活スタイルに心の底から混沌を受け入れている知性ある者だけが無秩序特技を修得することができ、それは強力な混沌のエージェント―神格、デーモン、エラドリン、スラード、あるいはそれらに類するクリーチャーたち―からの贈り物である。それゆえ、これらの特技は変則能力ではなく超常能力である。いくつかの場合では、利用するために儀式を要する;しばしば、それは単に混沌を引き起こすという目的だけのために最も興味ある行ないをするというだけのことであるが、君のDMはもっとそのキャンペーンの内容に適した何らかの必要条件を課すことができる。
キャラクターが無秩序特技を修得するにはDMの許可が必要である。

混沌のオーラ:

1つでも無秩序特技を修得したキャラクターは、混沌の神格に仕えるクレリックと同様に、彼のキャラクター・レベルに等しいパワーの混沌のオーラを放射するようになる(ディテクト・ケイオス呪文参照)。

無秩序特技 Anarchic Feats

出典:

『Dragon #326』p.80

関連項目

最終更新:2013年12月07日 21:42