D&D

《朦朧化打撃》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《朦朧化打撃》[一般]Stunning Fist

君は敵の急所を攻撃する方法を知っている。

前提条件:

【敏捷力】13以上、【判断力】13以上、《素手攻撃強化》、基本攻撃ボーナス+8以上。

利益:

この特技を使うかどうかは、攻撃ロールを行なう前に宣言すること(従って、攻撃ロールに失敗すれば試みは無駄になる)。君の素手攻撃によってダメージを受けた敵は、通常のダメージに加えて頑健セーヴィング・スロー(難易度=10+君のキャラクター・レベルの半分+君の【判断力】修正値)を強いられる。セーヴィング・スローに失敗すれば、相手は1ラウンドの間、朦朧状態となる。朦朧状態のキャラクターは行動することができず、アーマー・クラスへの【敏捷力】ボーナスも(もしあれば)失い、ACに-2のペナルティを受ける。君は1日に、自分のキャラクター・レベル4レベルごとに1回の朦朧化打撃を試みることができる(特殊の項を参照)が、1ラウンドには1回までである。アンデッド、植物、人造、粘体、非実体のクリーチャー、そしてクリティカル・ヒットに完全耐性を持つクリーチャーは朦朧状態とならない。

特殊:

モンクは前提条件を満たしていなくても、1レベル時のボーナス特技として《朦朧化打撃》を選択できる。この特技を選択したモンクは1日にモンクのクラス・レベル回数、朦朧化打撃を行なえる。
ファイターは《朦朧化打撃》をファイター・ボーナス特技(『プレイヤーズ・ハンドブック』のp.48参照)として選ぶことができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブック』p.99

関連項目

最終更新:2013年12月07日 20:13