D&D

《竜の心臓の儀式》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《竜の心臓》[儀式]Heart of Dragons

君は味方に対してドラゴンの力を付与する。

前提条件:

(竜の血)の副種別、任意のドラゴンの末裔特技1つ、〈知識:宗教〉3ランク。

利益:

君は〈知識:宗教〉のランクに基づく儀式を行うことができる。それぞれの儀式は4人までの儀式参加者に対して、ドラゴンの力を喚起する祈祷を詠唱し、彼らの周囲にダイアモンドの粉を振り撒くことで、ドラゴンの力のほんの一かけらを付与する。それぞれの儀式には10分を要し、その効果は24時間持続する。

ドラゴンの血(3ランク):

各儀式参加者は、ドラゴンの末裔特技の力を決定するに際し、彼が実際に修得しているよりも1つ多くのドラゴンの末裔特技を修得しているものと見なされる。この儀式には50gp相当のダイアモンドの粉を必要とする。

ドラゴンの魂(8ランク):

各儀式参加者は、彼が前提条件を満たしているドラゴンの末裔特技の1つの利益を得る。この利益はそのキャラクターに対して、その他の必要条件や前提条件を満たすものとはならない(他の特技の前提条件を満たすための勘定には入れてはならない)。この儀式には500gp相当のダイアモンドの粉を必要とする。

儀式特技

儀式特技によって、君はいくつかの特殊な儀式を実施するのに必要な知識と訓練を手に入れる。それぞれの特技は〈知識:宗教〉技能を使って君の習熟の深さを測る。この技能により多くのランクを得る毎に、この特技による儀式の効果は向上する。
1体のクリーチャーは、同時には1つの儀式からのみ利益を得ることができる。もし同じクリーチャーに対して第2の儀式を試みると、最初の儀式の利益は即座に終了し、第2の儀式の利益が適用される。
それぞれの儀式は時間と財産のコストがある。儀式の終了時に必要とされる物質要素が消費される(利益が終了したときではない)。もし、儀式終了前に敵の攻撃が君に命中するなど、儀式が途中で妨害されたなら、物質要素は失われない。

出典:

『Dragon Magic』p.19

関連項目

最終更新:2013年11月23日 09:29