D&D

《ホワイト・ドラゴンの血統》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ホワイト・ドラゴンの血統》[ドラゴンの末裔]White Dragon Lineage

君の血管には獰猛なるホワイト・ドラゴンの血が流れており、君自身を激怒に似た状態にさせることができる。

前提条件:

《ドラゴンの末裔:ホワイト》、ソーサラー3レベル。

利益:

1即行アクションとして、君は秘術呪文スロット1つを消費し、バーバリアンの激怒に似た状態になることができる。君は5×呪文レベルに等しい一時的ヒット・ポイントと5×呪文レベルに等しい[冷気]への抵抗を得る。激怒とは異なり、この状態は君の呪文発動能力や他のどんなアクションをも妨げることはないが、君はすでにこの能力を起動している間は、再びこの能力を起動することはできない。この効果は1+君の【魅力】ボーナスに等しいラウンド数だけ持続する。

ドラゴンの末裔特技

ドラゴンの末裔特技は、ソーサラーにドラゴンの祖先の血脈に由来する能力を与えるための選択肢として、『秘術大全』で紹介されたものである。この本ではドラゴンの末裔特技の幅を拡張し、またドラゴンの血筋を引く他のキャラクターにもいくつかのドラゴンの末裔特技の前提条件を満たすことができるようにするものである(そうした特技すべてについて、彼らが最初に《ドラゴンタッチト》の特技を修得することで条件を満たすことができる)。
ドラゴンの末裔特技は、クリーチャーを根本的に異なる存在に変えるものではないが、彼らにある種の能力を与えたり、潜在能力を開花させたりすることができる。原点となるドラゴンの末裔特技、《ドラゴンの末裔》は、『Races of the Dragon』において若干の変更が加えられたが、その変更版をここに再録している。

出典:

『Dragon Magic』p.22

関連項目

最終更新:2013年11月23日 13:38