D&D

《ティアマットのイニシエイト》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ティアマットのイニシエイト》[イニシエイト]Initiate of Tiamat

悪のドラゴン種族の創造者への服従によって、君は肉体的、精神的なパワーを与えられている。

前提条件:

クレリック・レベル5、(竜の血)の副種別、ティアマット神を信仰すること。

利益:

〈威圧〉を君のクレリックのクラス技能のリストに加える。
怯え状態、恐れ状態、恐慌状態にあるクリーチャーに対して近接攻撃を行うとき、君は1d6ポイントの追加ダメージを与える。
加えて、君はクレリックの呪文リストに下記の呪文を加える。
1Lv チャーム・パースン 1人の人物を友達にする。
4Lv カース・オヴ・ジ・エレメンタル・ローズ 敵に呪いを与え、君のエネルギー攻撃の影響を受けやすくさせる。
5Lv ドミネート・パースン 人型生物をテレパシーで操る。
7Lv グロリアス・マスター・オヴ・ジ・エレメンツ 遠隔接触攻撃に[酸]、[電気]、[火]、あるいは[冷気]のダメージを注入する。
8Lv アスペクト・オヴ・ザ・クロマティック・ドラゴン ティアマットのアスペクトの形態を取る。

イニシエイト特技 Initiate Feats

イニシエイト特技は、神の僕たちにその神に応じた特性を与えるものであり、それによって、追加の呪文リストを利用したり、能力を獲得したりすることが可能になるものである。一般的には、この特技はそのキャラクターにちょっとした利益を与え、また彼のクレリック呪文リストにいくつかの追加呪文を加える。(特技の説明文中に、ダガー印[†]がある場合、それは『Dragon Magic』で説明されている新呪文である。)いくつかのイニシエイト特技では、これらの呪文を他のクラスの呪文リストにも加えることができるものもある。もし君が追加することができると記載されているクラスのリストを複数有しているなら、これらを追加する呪文リストを1つだけ選択しなければならない。
神格を選択しなければならず、かつ呪文発動に関してクレリック呪文リストを使用するクラスを持つキャラクターは、イニシエイト特技の前提条件を満たすかどうかの判定において、そのクラスのレベルをクレリック・レベルであるものと見なすことができる。たとえば、バハムート神を自らの神格としているフェイヴァード・ソウル(『信仰大全』参照)が3レベルに達したなら、《バハムートのイニシエイト》特技を修得することができる。それによって、このキャラクターはその特技の利益を獲得し、フェイヴァード・ソウルの呪文リストに呪文を加えることができる。フェイヴァード・ソウルは限定された修得呪文のリストからしか呪文を発動できないため、彼はこれらの呪文を通常通りに彼の修得呪文リストに加えない限り、それらを発動することはできない。もしそのイニシエイト特技がクレリックのクラス技能リストに何らかの技能を追加するものであるなら、君はそれらをクレリックの代わりに使用しているクラスのクラス技能リストに加えることにしても良い。
いかなるキャラクターも複数のイニシエイト特技を修得することはできない。これらの特技は1柱の神に対する深い献身を前提としているためである。
一般的に知られているドラゴンの神格の間では、クロネプシスだけがそのクレリック(クレリック自体が稀であるが)にこの利益を与えない。この辺りの事情に精通している者に言わせると、クロネプシスは単にその崇拝者たちにこれらのパワーを与えたくないと思っているためであろうという。

出典:

『Dragon Magic』p.21

関連項目

最終更新:2013年11月23日 14:38