D&D

《威圧打撃》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《威圧打撃》[一般]Intimidating Strike

君は冴え渡る武技を見せつけることにより、敵を恐怖に陥れることができる。君はその立ち居振る舞いや攻撃法や表情によって、お前なんか楽勝だ、と語る。君がその気になったら、自分はあっさり殺されてしまうのだと敵にはっきりと思い知らせるのである。

前提条件:

〈威圧〉4ランク。

利益:

1回の標準アクションとして、君は敵に対して1回の近接攻撃を行なう。この際、君は攻撃ロールから、基本攻撃ボーナス以下の任意の値を差し引く。君の攻撃が命中した場合、君は攻撃を命中させた敵に対して、1回の〈威圧〉判定を行なうことができる。この判定には、攻撃ロールから差し引いた値に等しいボーナスが加わる。判定に成功した場合、敵はこの遭遇の間じゅう“怯え状態”になる。この特技を用いて、敵の恐怖を怯え状態よりひどい状態にすることはできない。

特殊:

ファイターは《威圧打撃》をファイター・ボーナス特技として選択することができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.73

関連項目

最終更新:2013年11月24日 06:44