D&D

《エルフの呪文伝承》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《エルフの呪文伝承》[一般]Elven Spell Lore

エルフの大いなる秘術の伝統を学んできた君は、複雑な魔法の仕組みや、呪文の背後に存在する理論的構造に関する識見を得るに至った。

前提条件:

【知】17またはエルフであること、〈知識:神秘学〉12ランク。

利益:

エルフの魔法の秘密を会得していることで、君は2つの利益を得る。君はディスペル・マジックやグレーター・ディスペル・マジックを発動する際、術者レベル判定に+2のボーナスを得る。魔法を深く理解している君は、敵の呪文を維持している力を容易に覆すことができるのだ。
加えて、君の魔術知識は忘れられた呪文の伝承に関する類い稀な直観を授けてくれる。この特技を修得する時、君の呪文書に書かれている呪文を1つ選択すること。選択した呪文を準備する際に、君はその呪文が与えるダメージのエネルギー・タイプを、君が選んだ1種類のエネルギー・タイプに変更することができる。ダメージのタイプは呪文を準備する時点で選ばねばならない(呪文を準備しないタイプの術者は、特技のこの利益を利用することができない)。君は選択した呪文を複数個準備することができる。準備した呪文は同じエネルギー・タイプにしても良いし、それぞれ別々のものにしても良い。
この特技は複数回修得できる。術者レベルに対するボーナスは累積しないが、1回特技を修得するごとに、別な呪文を選択することができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.76

関連項目

最終更新:2013年11月24日 07:01