D&D

《軽業フェイント》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《軽業フェイント》[一般]Tumbling Feint

君に接近された敵は、君のアクロバット的な体術に翻弄され、うまく自分の身を守ることができなくなる。

前提条件:

〈軽業〉4ランク、〈はったり〉4ランク。

利益:

君は自分のターンの開始時に、1回の即行アクションとして、1体の敵をこの特技の目標として指定する。君がその敵から機会攻撃を誘発することを避けるために〈軽業〉技能を使用し、これに成功した場合、君は次にその敵に対して行なうフェイントのための〈はったり〉判定に+5のボーナスを得る。君はこの利益を次の君のターンが来るまでに、または次の君のターンに、使用しなければならない。
たとえば、リダが近くにいるオーガをこの特技の目標に指定したとしよう。彼女は〈軽業〉でオーガの機会攻撃範囲に入り、さらにオーガのいるマスを通り抜けて、ここでオーガに近接攻撃をしようと考えていたマスへと移動した。リダはオーガから機会攻撃を誘発するのを避けるための〈軽業〉判定に成功し、目指したマスに移動した。彼女はここで〈はったり〉判定にこの特技の利益である+5ボーナスを適用した上で、1回の標準アクションとしてオーガにフェイントをかけることもできるし、その他の標準アクション(オーガに対して普通に近接攻撃をかけるなど)を行なうこともできる。即座にフェイントを行なわず、次のターンまで待つことにした場合でも、彼女はこの特技の利益を得ることができる。

特殊:

ファイターは《軽業フェイント》をファイター・ボーナス特技として選択することができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.77

関連項目

最終更新:2013年11月26日 20:11