D&D

《呪文減殺》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《呪文減殺》[一般]Dampen Spell

下は卑しい手品師から、上は威風堂々たる法皇に至るまで、秘術呪文の使い手であろうと、信仰呪文の使い手であろうと、呪文相殺の強力さは認識している。君もまた例外ではない。君は敵の呪文に向けてエネルギーを放つことで、その効果を弱める技を会得している。呪文を無効化することはできないものの、かなり楽に抵抗できるようになる。

前提条件:

利益:

君は1回の割り込みアクションとして、敵の呪文1つの減殺を試みることができる。呪文相殺と同様、君は目標とする呪文を発動時に識別しなければならない。識別に成功したなら、君は敵の行使した呪文を減殺するために、好きな呪文または呪文スロットを消費することができる。その場しのぎに大急ぎで発動を行なうため、君は目標の呪文を完全には相殺できない。その代わりに、君は消費した目標の呪文または呪文スロットの呪文レベル分だけ、敵の呪文のセーヴ難易度を減少させることができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.79

関連項目

最終更新:2013年11月26日 22:10