D&D

《盾投げ》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《盾投げ》[一般]Shield Sling

君は盾を恐るべき砲弾として投げつける。君は盾を防御用のアイテムから、敵を粉砕する投擲武器へと変えることができるのだ。、

前提条件:

盾に対する習熟、《盾開眼》《盾攻撃強化》、基本攻撃ボーナス+9。

利益:

君はライト・シールドまたはヘヴィ・シールドを、射程単位20フィートの投擲武器として使用することができる。シールドはそのサイズに応じた通常のダメージ(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.114の表7-5を参照)を与え、通常の投擲武器と同様に【筋力】ボーナスをダメージに加えることができる。あるいは君は、足払いの試みを開始するために遠隔接触攻撃を行なうこともできる。君は【筋力】判定に自分のサイズ分類によるボーナスを加えることはできない(サイズ分類によるペナルティは受ける)。敵は判定に勝利しても、君に足払いをし返すことはできない。
タワー・シールドは投げることができない。バックラーを投げることもできるが、ダメージはなく、敵に足払いをかけるために用いることもできない。

特殊:

ファイターは《盾投げ》をファイター・ボーナス特技として選択することができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.81

関連項目

最終更新:2013年11月27日 06:43