D&D

《ロビラーの大博打》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ロビラーの大博打》[一般]Robilar's Gambit

《ロビラーの大博打》は、ダメージを受ける覚悟で強引に優位を得る戦法である。この危険極まる捨て身の行為は、機転のきく一流の戦士でなければ使いこなせない。報復攻撃に失敗すれば、せっかく得た優位が台無しになってしまうからだ。無謀な熱血戦士ロビラー卿は、このテクニックで敵を討ち、その名を上げた。

前提条件:

《迎え討ち》、基本攻撃ボーナス+12。

利益:

君はアクションの開始時に、殴ってくれといわんばかりの、守りを捨てた構えをとる。これにより、君は敵が接近して攻撃してくる際にできる隙を突くことができる。君を攻撃するものは誰であれ、君に対する攻撃ロールとダメージ・ロールに+4のボーナスを得る。その代わりに、敵は君を1回攻撃するたびに、君から1回の機会攻撃を誘発する。君の機会攻撃は、敵の攻撃の終了後に解決する。

通常:

敵は攻撃を行なっても機会攻撃を誘発しない。さらに、敵が機会攻撃を誘発した場合、機会攻撃を誘発する原因となったアクションが完了する前に、君の機会攻撃を解決する。

特殊:

ファイターは《ロビラーの大博打》をファイター・ボーナス特技として選択することができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.87

関連項目

最終更新:2013年11月27日 22:09