D&D

《血盟の儀式》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《血盟の儀式》[儀式]Ritual Blood Bonds

君は自分の報じるトーテム(祖霊)、神、類似の信仰対象の無敵の力を仲間に吹き込む。これらの儀式により、君は戦いの試練に挑む戦士たちとの間に絆を結ぶことができる。

前提条件:

オークまたはハーフオークであること、〈知識:宗教〉4ランク。

利益:

君は〈知識:宗教〉のランクに応じて、以下の儀式を利用できるようになる。

血盟の兄弟(〈知識:宗教〉4ランク):

君は6人までの仲間とともに円陣を組む。円陣の参加者は互いに、他の参列者に対して忠誠を誓う。そして自分の身体のどこかを切って、流れ出た血を聖水ないし邪水(君の属性に相応しい方)の満たされた大杯に注ぐ。そして、君は混じり合った血を、自身と円陣の参加者たちに振りかける。君と円陣の参加者は、この儀式に参加したほかの仲間のうちの誰か1人を見ることのできる状況にある時、[恐怖]に対する意志セーヴに+4の士気ボーナスを得る。
この儀式の執行には10分間の詠唱と、1ビンの聖水または邪水が必要である。儀式の効果は24時間持続する。

仇討ちの血盟(〈知識:宗教〉8ランク):

君は緊密な神秘の絆を、君と仲間たちの間に結ぶ。この儀式には君の他に6人までの仲間が参加できる。参加者は各々が自分の手を切る。そして参加者たちは互いに手を握り合い、君が中心に立つ円陣を組む。君は参加者たちに聖水ないし邪水を振りかけながら、祈りの言葉を唱える。この儀式は、君を含めた参加者たちの1人が戦いに倒れた時に、他の仲間に利益を授けるものである。この儀式の参加者は、敵の行動によって他の参加者のヒット・ポイントが0以下に減少するのを見た場合、仲間のヒット・ポイントを0以下に減少させた敵に対する攻撃ロールに+2の士気ボーナスを得る。この利益は、作動条件が1回満たされるごとに1分間持続する。効果が持続中であっても、複数の敵に対して同時にボーナスを受けることができる。
この儀式の執行には10分間の詠唱と、1ビンの聖水または邪水、10gp相当の銀の粉が必要である。儀式の効果は24時間持続する。

儀式特技

儀式特技は特定の儀式を執り行うために必要となる知識と訓練を授けるものである。どの特技も、君の学識の深さを測る尺度として〈知識:宗教〉技能を用いる。この技能のランクが高いほど、この特技によって高度な儀式を行なうことが可能になる。
クリーチャーは同時に2つ以上の儀式から利益を得ることはできない。同一の個体のクリーチャーに対して2つ目の儀式を心インタ場合、即座に最初の儀式の利益は終了し、2つ目の儀式の利益が適用される。
儀式にはそれぞれについて時間面と資産面のコストが設定されている。儀式に要する物質要素は、儀式の終了時に消費される(利益の終了時ではない)。敵の攻撃などによる妨害で、儀式が途中で中断した場合、物質要素は失われてしまう。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.88

関連項目

最終更新:2013年11月28日 19:05