D&D

《祝福の儀式》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《祝福の儀式》[儀式]Ritual Blessing

君は善と光の力を呼び寄せ、仲間たちを祝福する。宗教に関する学識が充分に高ければ、君は病気や毒から身を守り、治療能力を強化し、悪に立ち向かう加護を得る儀式を修得できる。

前提条件:

善属性であること、〈知識:宗教〉4ランク。

利益:

君は〈知識:宗教〉のランクに応じて、以下の儀式を利用できるようになる。

聖別(〈知識:宗教〉4ランク):

君は儀式の参列者に祝福の言葉を授け、聖水で聖別を与えて、短い祈りを唱える。君が参列者に対して発動したキュア系呪文は、追加で2ポイントのダメージを治癒する。
この儀式の執行には5分間の詠唱と、1ビンの聖水が必要である。儀式の効果は24時間持続する。

浄化(〈知識:宗教〉8ランク):

君はこの儀式の参列者に対して聖水を振りかけ、その無病息災を祈る。目標は病気と毒に対するセーヴに+2のボーナスを得る。
この儀式の執行には10分間の詠唱と、1ビンの聖水が必要である。儀式の効果は24時間持続する。

加護(〈知識:宗教〉13ランク):

君は特別な配合で銀粉と聖水を混ぜ合わせたものを用いて、デーモンとデヴィルから身を守る神秘的な加護を授ける。この儀式の参列者は、悪属性の来訪者が使用する呪文と特殊攻撃に対するセーヴに+1のボーナスを得る。
この儀式の執行には10分間の作業と、1ビンの聖水、30gp相当の銀の粉が必要である。儀式の効果は24時間持続する。

儀式特技

儀式特技は特定の儀式を執り行うために必要となる知識と訓練を授けるものである。どの特技も、君の学識の深さを測る尺度として〈知識:宗教〉技能を用いる。この技能のランクが高いほど、この特技によって高度な儀式を行なうことが可能になる。
クリーチャーは同時に2つ以上の儀式から利益を得ることはできない。同一の個体のクリーチャーに対して2つ目の儀式を心インタ場合、即座に最初の儀式の利益は終了し、2つ目の儀式の利益が適用される。
儀式にはそれぞれについて時間面と資産面のコストが設定されている。儀式に要する物質要素は、儀式の終了時に消費される(利益の終了時ではない)。敵の攻撃などによる妨害で、儀式が途中で中断した場合、物質要素は失われてしまう。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.88

関連項目

最終更新:2013年11月28日 19:11