D&D

《アイボライグに愛されし者》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《アイボライグに選ばれし者》[一般]Chosen of Iborighu

君の皮膚は目立って青い色合いを帯び、左目は青白くなる(右目は他の色をしている);これらの特徴は、君がアイボライグの寺院の味方であることを証し立て、君に超常的な性質を与える。

前提条件:

信仰する神格がアイボライグであること。

利益:

ディテクト・マジック呪文で君の右目を見ると、それは微弱な力術の魔法を放っており、ディテクト・イーヴル呪文で見ると、微弱な悪のオーラを放っている。
いまやクレリックは君の適性クラスと見なされる;マルチクラスをする際に経験値ペナルティを受けるかどうか決定する際に、クレリック・クラスは勘定に入れない。
1日に1回、超常的な冷気の波動によって、君の凝視を受けた30フィート以内の1体のクリーチャーを圧倒することができる。その目標は、頑健セーヴ(難易度10+君のキャラクター・レベルの1/2+君の【魅力】修正値)に成功すれば、この攻撃の効果に抵抗することができるが、失敗すれば、君の【魅力】修正値+3ポイントの[冷気]ダメージ(最低でも1ポイントのダメージ)を受け、さらにその犠牲者は疲労状態に陥る。もし君がこの攻撃をすでに疲労状態である者に対して使用したなら、その者は過労状態に陥る。この超常的能力の使用は標準アクションであり、機会攻撃を誘発しない。

特殊:

もし君が永遠にアイボライグの寵愛を失ったか、あるいはその信仰する神格を他の神格に変えたなら、この特技の利益をすべて失うが、その不自然な皮膚の色と目の色はそのまま残る。君は代わりの特技を手に入れることはない。もし後日、アイボライグへの信仰を取り戻し、アトーンメント呪文を受けたなら、君はこの特技の利益を取り戻す。

出典:

『Frostburn』p.47

関連項目

最終更新:2013年12月07日 19:52