D&D

《原始的術者》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《原始的術者》[一般]Primitive Caster

君は金切り声と、粗野な身振りと、そして追加の物質要素を使うことで、君の呪文にさらなるパワーを与えることができる。

利益:

この特技は、音声、動作、物質のいずれかの要素で、まだ持っていない呪文を発動するときにだけ機能する。君は自発的にそれぞれの要素を加えることで、その呪文の有効術者レベルを+1上昇させる。その呪文に元々存在しない要素しか加えることができない。たとえば、君はガシアス・フォーム呪文には始めから動作要素があるため、それを加えることはできない。しかしながら、音声要素を加えることはできる。
君が加える音声要素は動物的な叫び声、金切り声、そして吼え声で構成される。君が呪文を発動したことを聞き取るための〈聞き耳〉判定の難易度は(距離による修正を加える前に)-5される。動作要素もより複雑なものであるため、この特技で動作要素を加えるには、両手が自由でなければならない。この特技で君が加える追加の物質要素は、氷雪の荒野で見つかる希少な植物でなければならず、それを見つけるには難易度15の〈職能:薬草師〉判定に成功しなければならない。
この特技の初出は『Races of Faerun』である。

出典:

『Frostburn』p.49

関連項目

最終更新:2013年11月29日 15:51