D&D

《スカル・タリスマン作成》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《スカル・タリスマン作成》[アイテム作成]Craft Skull Talisman

君は、それらの内部に呪文を保持する、スカル・タリスマンを作成することができる(スカル・タリスマンに関するより詳細な情報は『Frostburn』p.112参照)。

前提条件:

術者レベル6。

利益:

君は自身が修得している、1体あるいは複数のクリーチャーを目標とする任意の呪文のスカル・タリスマン(頭蓋骨の護符)を作成することができる。スカル・タリスマンの作成には1日を要する。スカル・タリスマンを作成するとき、君は術者レベルを設定すること。術者レベルは、その呪文を発動するのに十分なレベルでなければならず、君自信のレベルを超えてはならない。スカル・タリスマンの基本価格は、その呪文レベル×術者レベル×100gpである。タリスマンを作成するには、君はこの基本価格の1/25の経験値を消費し、基本価格の半分の費用がかかる原材料(これには、頭蓋骨に力あるルーンを描くために必要な希少な金属インクが含まれる)を使用しなければならない。
スカル・タリスマンを作成するとき、君は呪文を発動するときに通常するようなあらゆる選択をする。頭蓋骨を破壊したものは呪文の目標となる。
高価な物質要素や経験値消費のある呪文を蓄えるスカル・タリスマンは、それと等しい量のコストをも必要とする。基本価格に基づくコストに加えて、君はスカル・タリスマンを作成するときに物質要素や経験値消費も支払わなければならない。
スカル・タリスマンを作成するのに使われる頭蓋骨は、少なくとも小型サイズ以上のクリーチャーのものでなければならない。小型サイズのクリーチャーの頭蓋骨は3レベルまでの呪文を蓄えることができる。中型サイズのクリーチャーの頭蓋骨は6レベルまでの呪文を蓄えることができる。大型サイズのクリーチャーの頭蓋骨は9レベルまでの呪文を蓄えることができる。スカル・タリスマン作成の工芸技術はネアンデルタールのドルイドによって完成されたものであるが、あらゆる呪文の使い手がこれらの道具を作成する工芸技術を学ぶことができる。多くの者が、スカル・タリスマンを作成したり使用したりする行為を不愉快な行為と見なすが、それ自体はどちらも悪の行為ではない。

出典:

『Frostburn』p.48

関連項目

最終更新:2013年11月29日 16:24