D&D

《フレイドの印》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《フレイドの印》[一般]Mark of Hleid

君は肉体のどこかに、フレイドの聖印の形(中心に青い炎の渦巻きのあるでこぼこした白い三角形)をした痣を持っている;この印は君がフレイドの寺院の味方であり、超常的な性質を与えられていることを証し立てている。

前提条件:

信仰する神格がフレイドであること。

利益:

ディテクト・マジック呪文でこの痣を見ると、それは微弱な防御術の魔法を放っており、ディテクト・グッド呪文で見ると、微弱な善のオーラを放っている。
君はライムファイア・エイドロンの“霜の接触”の特殊攻撃に完全耐性を持つ。加えて、君は一切[冷気]ダメージを受けることなく、ライムファイア・アイスを素手で取り扱うことができる。
いまやクレリックは君の適性クラスと見なされる;マルチクラスをする際に経験値ペナルティを受けるかどうか決定する上で、クレリック・クラスは勘定に入れない。
君は(冷気)の副種別を持つ悪の属性のクリーチャーに対するアーマー・クラスに+2の清浄ボーナスを得る。

特殊:

もし君が永遠にフレイドの寵愛を失ったか、あるいはその信仰する神格を他の神格に変えたなら、フレイドの印は消え、この特技の利益をすべて失う。君は代わりの特技を手に入れることはない。もし後日、フレイドへの信仰を取り戻し、アトーンメント呪文を受けたなら、印は再び現れ、君はこの特技の利益を取り戻す。

出典:

『Frostburn』p.49

関連項目

最終更新:2013年11月29日 16:41