D&D

《組みつき迎撃》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《組みつき迎撃》[一般]Close-Quarters Fighting

君は組打ちの間合いでの戦いや、組みつきを仕掛ける試みから逃れるのに長けている。

前提条件:

基本攻撃ボーナス+3以上。

利益:

敵が君に対して組みつきをしかけようとする際に、たとえ敵がその試みにより誘発される機会攻撃を無効化するような特技や特殊能力を持っていたとしても、君はいつも機会攻撃を1回行なうことができる。その攻撃によって君がダメージを与えたなら、敵は《組みつき強化》やつかみ強化といった特殊能力を持っていない限り、組みつきを開始するのに失敗する。敵がそれらの能力を持っているなら、君はその組みつきに対する対抗判定に、君が与えたダメージを加えることができる。この特技によって君が1ラウンドに行なうことのできる機会攻撃の回数が増えるわけではない。また、不意討ちを受けていたり、無防備状態のときなど通常は機会攻撃を行なえないような際に機会攻撃が行えるようになるわけでもない。
たとえば、1匹のオーガがトルデクに対して組みつきを試みるとする。トルデクは1回の機会攻撃を得て、命中させ、ダメージを与えた。オーガは組みつきに関する特技や特殊能力を持っていないため、組みつきを開始することに失敗する。一方、アンケグ(つかみ強化の特殊能力を持っている)がトルデクに組みつこうとしたとする。トルデクは1回の機会攻撃を得て、命中させ、そのクリーチャーに対して10ポイントのダメージを与えた。トルデクは組みつきに抵抗するための対抗判定に+10のボーナスを得る。

通常:

《組みつき強化》やつかみ強化に類する特技や特殊能力を持ったクリーチャーは、組みつきを開始する際に機会攻撃を誘発しない。

特殊:

ファイターは《組みつき迎撃》をファイター・ボーナス特技として選ぶことができる。

出典:

『戦士大全』p.97

関連項目

最終更新:2013年11月30日 23:39