D&D

《上級使い魔》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《上級使い魔》[一般]Improved Familiar

この特技により呪文の使い手は標準でない使い魔のリストから、新たな使い魔を得ることができる。ただし、それは使い手が通常通り新たな使い魔を得られるときのみである(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.27を参照)。

前提条件:

新たに使い魔を得ることができる能力、ふさわしい属性、必要とされるだけの高いレベル(以下を参照)。

利益:

使い魔を選択する際に、術者は以下のクリーチャー・リストからも選択することができる。呪文の使い手はそれぞれの属性軸(秩序―混沌、善―悪)から1段階外れた使い魔も選択できる。たとえば、混沌にして善の呪文の使い手は真なる中立の使い魔を選択でき、秩序にして中立の呪文の使い手は中立にして善の使い魔を得られるのである。
上級使い魔は次の2点を除いた他は『プレイヤーズ・ハンドブック』p.27のルールに従う。(1)クリーチャーの種別が動物以外の何かであるなら、その種別は変化しない。(2)また、上級使い魔は同種のクリーチャーとの会話能力を獲得しない(とはいえ、多くはすでに意思疎通を行なう能力を持っている)。
リストにあるのと同程度のサイズや能力をもつクリーチャーのほとんどすべては使い魔とすることができる。ただし、術者が持てる使い魔の種類を制限する要因は属性だけではない。たとえば主人のクリーチャー種別や副種別などによって上級使い魔を制限してもよい。

付与特殊能力:

自分自身の特殊能力に加え、すべての使い魔はその主人に《鋭敏感覚》の特技、共感的リンクの利益、使い魔との呪文共有の能力を与える。『プレイヤーズ・ハンドブック』のp.27にて詳細を参照せよ。

身かわし強化(変則):

普通なら反応セーヴに成功することでダメージを半減できる攻撃の対象となった場合、使い魔はセーヴィング・スローに成功すればダメージをまったく受けずにすみ、たとえセーヴィング・スローに失敗してもダメージ半減させることができる。

上級使い魔のリスト

使い魔 属性 秘術呪文の術者レベル
ショッカー・リザード 真なる中立 5
スタージ 真なる中立 5
フォーミアン・ワーカー 秩序にして中立 7
インプ 秩序にして悪 7
スードゥドラゴン 中立にして善 7
クアジット 秩序にして悪 7

使い魔 種別/副種別 秘術呪文の術者レベル
セレスチャル・アウル(フクロウ) (善) 3
セレスチャル・ウィーゼル(イタチ) (善) 3
セレスチャル・キャット(猫) (善) 3
セレスチャル・超小型ヴァイパー・スネーク(蛇) (善) 3
セレスチャル・トード(ヒキガエル) (善) 3
セレスチャル・バット(コウモリ) (善) 3
セレスチャル・ホーク(鷹) (善) 3
セレスチャル・ラット(鼠) (善) 3
セレスチャル・レイヴン(大鴉) (善) 3
セレスチャル・リザード(トカゲ) (善) 3
フィーンディッシュ・アウル(フクロウ) (悪) 3
フィーンディッシュ・ウィーゼル(イタチ) (悪) 3
フィーンディッシュ・キャット(猫) (悪) 3
フィーンディッシュ・超小型ヴァイパー・スネーク(蛇) (悪) 3
フィーンディッシュ・トード(ヒキガエル) (悪) 3
フィーンディッシュ・バット(コウモリ) (悪) 3
フィーンディッシュ・ホーク(鷹) (悪) 3
フィーンディッシュ・ラット(鼠) (悪) 3
フィーンディッシュ・レイヴン(大鴉) (悪) 3
フィーンディッシュ・リザード(トカゲ) (悪) 3
小型エア・エレメンタル (風) 5
小型アース・エレメンタル (地) 5
小型ファイアー・エレメンタル (火) 5
小型ウォーター・エレメンタル (水) 5
ショッカー・リザード (電気) 5
ホムンクルス※ アンデッド 7
アイス・メフィット (冷気) 7
※主人はまず最初にホムンクルスを作成しなければならない。必要であれば血液の代わりに、主人の体の一部や脳漿を用いる。

出典:

『ダンジョン・マスターズ・ガイド』p.196

《《上級使い魔》[一般]Improved Familiar

新しい使い魔を手に入れることができる場合には、標準的でないリストから新しい使い魔を選択することができる。

前提条件:

新しい使い魔を手に入れることができる能力、適合する属性。

利益:

使い魔を選択する場合、次のクリーチャーを選択することができる。但し、属性軸(秩序から混沌、善から悪)のいずれかあるいは両方が、2段階離れた使い魔を選択することはできない。
上級使い魔は、通常の使い魔同様、主人と魔法的なつながりを持っている。使い魔は、次の例外を除き、その種類のクリーチャーが持つ基本データを使用する。基本データは『モンスター・マニュアル』か、『フォーゴトン・レルム・ワールドガイド』の「第9章:モンスター」に記述されている。
ヒット・ポイント:主人の合計の半分か、その使い魔の通常の合計、どちらか高い方。
攻撃:主人の基本攻撃ボーナスか使い魔の基本攻撃ボーナスの、どちらか良い方を使用する。使い魔の素手攻撃の近接攻撃ボーナスを計算する際には、使い魔の【敏捷力】修正値と【筋力】修正値のうち、どちらか良い方を使用する。ダメージは、その種類の通常のクリーチャーのものと同じ。
特殊攻撃:使い魔は、その種類のクリーチャーが持つ特殊攻撃をすべて持つ。
その他の特殊能力:使い魔は、その種類のクリーチャーが持つその他の特殊能力をすべて持つ。
セーヴィング・スロー:使い魔の基本セーヴ・ボーナスより主人の基本セーヴ・ボーナスの方が良い場合は、そちらを使用する。
使い魔の特殊能力:追加の能力に関しては、通常の使い魔同様、『プレイヤーズ・ハンドブック』p.27にある表を使用する。

上級使い魔のリスト

使い魔の種類 属性 秘術呪文の使い手の必要レベル
動物、トレッシム 真なる中立 5
アイボール・ビホルダーキン 中立にして悪 5
インプ 秩序にして悪 7
スードゥドラゴン 中立にして善 7
クアジット 混沌にして悪 7
ナイト・ハンター・バット 中立にして悪 5
フォーミアン・ワーカー 秩序にして中立 7
ショッカー・リザード 真なる中立 5
スタージ 真なる中立 5

出典:

『フォーゴトン・レルム・ワールドガイド』p.36

《上級使い魔》[一般]Improved Familiar

『フォーゴトン・レルム・ワールドガイド』の第1章に記載されている《上級使い魔》の説明文を参照すること。下記の表では『Races of Faerun』の中でこの特技を使って利用できる追加の上級使い魔を示している。

上級使い魔のリスト

使い魔 属性 必要とされる秘術呪文の術者レベル
フライング・スネーク 3
デスファング※ 中立にして悪 9
スピッティング・クロウラー・リザード 真なる中立 3
リンクス 真なる中立 3
オスクイップ 真なる中立 5
※デスファングは主人が悪属性であり、《呪文熟練:死霊術》特技を修得している場合にだけ獲得できる。

出典:

『Races of Faerun』p.165

《上級使い魔》[一般]Improved Familiar

『ダンジョン・マスターズ・ガイド』p.196に記述されている《上級使い魔》特技参照。そこに記述されている選択肢に加えて、フォーゴトン・レルム・キャンペーンでは次の使い魔を選択することができる。
上級使い魔が主人に与える特殊能力は、次のもののみである。すなわち《鋭敏感覚》特技、共感的リンク、呪文共有。

上級使い魔のリスト

使い魔 属性 レベル
オスクイップ 中立にして悪 5
スピッティング・クロウラー・リザード 真なる中立 3
デスファング 中立にして悪 9
トレッシム 中立にして善 5
フライング・スネーク 真なる中立 3
リンクス 真なる中立 3

出典:

『フェイルーン・プレイヤーズ・ガイド』p.40

《上級使い魔》[一般]Improved Familiar

『ダンジョン・マスターズ・ガイド』p.196に記述されている《上級使い魔》特技参照。そこに記述されている選択肢に加えて、フォーゴトン・レルム・キャンペーンでは次の使い魔を選択することができる。
上級使い魔が主人に与える特殊能力は、次のもののみである。すなわち《鋭敏感覚》特技、共感的リンク、呪文共有。

上級使い魔のリスト

使い魔 属性 レベル
ジャクリ 混沌にして悪 5
スピッティング・クロウラー・リザード 真なる中立 3
ムラーローン 真なる中立 5
マックドウェラー 秩序にして悪 5
デスファング・スネーク 中立にして悪 9
フライング・スネーク 真なる中立 3
グレイシア・スネーク 真なる中立 3
ツリー・パイソン・スネーク 混沌にして悪 5
ウィップスネーク 真なる中立 3

出典:

『Serpent Kingdom』p.146

《上級使い魔》[一般]Improved Familiar

この特技により呪文の使い手は標準でない使い魔のリストから、新たな使い魔を得ることができる。ただし、それは使い手が通常通り新たな使い魔を得られるときのみである(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.27を参照)。この特技はもともと『ダンジョン・マスターズ・ガイド』のp.196で説明されている。ここでは、戦場でも隣にいてくれるような使い魔を求める、秘術呪文の使い手のために新たな使い魔について説明する。

前提条件:

新たに使い魔を得ることのできる能力、ふさわしい属性、必要とされるだけの秘術呪文術者レベルと基本攻撃ボーナス。

利益:

使い魔を選択する際に、術者は以下のクリーチャー・リストからも選択することができる。呪文の使い手はそれぞれの属性軸(秩序―混沌、善―悪)について1段階外れた使い魔も選択できる。たとえば、混沌にして善の呪文の使い手は真なる中立の使い魔を選択でき、秩序にして中立の呪文の使い手は中立にして善の使い魔を得られるのである。術者は使い魔を得るためには、少なくとも以下に示された秘術呪文術者レベルと基本攻撃ボーナスを持っていなければならない。

付与特殊能力:

自分自身の特殊能力に加え、すべての使い魔はその主人に《鋭敏感覚》の特技、共感的リンクの利益、使い魔との呪文共有の能力を与える。

身かわし強化(変則):

普通なら反応セーヴに成功することでダメージを半減できる攻撃の対象となった場合、使い魔はセーヴィング・スローに成功すればダメージをまったく受けずにすみ、たとえセーヴィング・スローに失敗してもダメージ半減させることができる。

上級使い魔のリスト

使い魔 属性 秘術呪文の術者レベル 基本攻撃ボーナス
クレンシャー 真なる中立 3 +3
ウォーグ 中立にして悪 3 +3
ブリンク・ドッグ 秩序にして善 5 +5
ヘル・ハウンド 秩序にして悪 5 +5
ヒポグリフ 真なる中立 7 +7
ハウラー 混沌にして悪 7 +7
ウィンター・ウルフ 中立にして悪 7 +7

出典:

『戦士大全』p.100

護衛使い魔

護衛使い魔を得るには2段階の過程を経る必要がある。最初に充分にレベルの高い呪文の使い手が、“その他の魔法のアイテム”を作るのと同様の過程を踏み、各護衛使い魔の項で説明されている費用、経験点、時間を費やしてその人造クリーチャーを作成しなければならない。その後、使い魔を獲得しようとするキャラクターは、完成した人造クリーチャーを、《上級使い魔》の特技によって繋ぎ止める必要がある。(《上級使い魔》の特技に関しては『戦士大全』のp.100および『ダンジョン・マスターズ・ガイド』のp.197を参照)。護衛使い魔の種類およびそれらの使い魔を作成するための最低術者レベルは以下のとおり。
使い魔の種類 秘術呪文術者レベル
スパーク・ガーディアン 7レベル
ガントレット・ガーディアン 9レベル
ブレード・ガーディアン 11レベル
他の使い魔と異なり、護衛使い魔は自身のヒット・ポイントが主人の完全なヒット・ポイントの半分の値よりも大きかったなら、それらのヒット・ポイントを持つ。護衛使い魔の有効ヒット・ダイスは主人のキャラクター・レベルか護衛使い魔自身のヒット・ダイスのいずれか高いほうである。護衛使い魔は他の多くの使い魔が持っている“身かわし強化”の能力と“共感的リンク”を持たない。また、護衛使い魔は主人に《鋭敏感覚》特技を提供しない。護衛使い魔は主人の音声による指令に反応し、主人がその護衛使い魔を作成した時点で知っているすべての言語を理解する。護衛使い魔は精神を持たないため、主人が高いレベルに達してもより賢くなるということはない。護衛使い魔が話すことは決してない。
もしも護衛使い魔が死亡した場合、主人は代わりの使い魔を得るために(通常の使い魔の場合とは異なり)1年と1日待つ必要はない。しかし、すでに護衛使い魔を所持しているうちに、新たな護衛使い魔を作り始めることはできない。

出典:

『戦士大全』p.118

《上級使い魔》[一般]Improved Familiar

君は標準でないクリーチャーのリストから使い魔を得ることができる。

前提条件:

阿多脚い使い魔を得ることのできる能力、ふさわしい属性、必要とされるだけの秘術呪文術者レベル。

利益:

使い魔を選択する際に、術者は以下のクリーチャー・リストからも選択することができる。呪文の使い手はそれぞれの属性軸(秩序―混沌、善―悪)から1段階外れた使い魔も選択できる。たとえば、混沌にして善の呪文の使い手は真なる中立の使い魔を選択でき、秩序にして中立の呪文の使い手は中立にして善の使い魔を得られるのである。
上級使い魔は他の点については『プレイヤーズ・ハンドブック』p.23のルールに従う。

特殊:

この特技はもともと『ダンジョン・マスターズ・ガイド』p.196で導入されたものである。この項では、使い魔に隠密性とどこにでもついてゆける多様性を求める秘術使いのために、選択案を示した。

上級使い魔のリスト

使い魔 属性 秘術呪文の術者レベル
モンストラス・センチピード、小型 真なる中立 2
バジャー 真なる中立 3
モンストラス・スコーピオン、小型 真なる中立 3
ヴァイパー、中型 真なる中立 3
モンストラス・スパイダー、小型 真なる中立 4
ヴァルグイユ※ 中立にして悪 6
メフィット(いずれかの種別) 真なる中立 7
※使い魔として招来されたヴァルグイユは接吻の超常能力を持たない。

出典:

『無頼大全』p.78

ビガイラー Beguilers

《上級使い魔》特技を持つ7レベルの秘術呪文の使い手は、ビガイラーを使い魔として獲得できる。より詳細な情報に関しては『ダンジョン・マスターズ・ガイド』p.196参照。

出典:

『Shining South』p.60

関連項目

最終更新:2013年12月03日 08:13