D&D

《エピック級呪文熟練》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《エピック級呪文熟練》[エピック]Epic Spell Focus

幻術といった魔法の系統1つを選択すること。その系統の君の呪文は通常よりもずっと協力になる。

前提条件:

選択する系統に対する《上級呪文熟練》《呪文熟練》、選択する系統の9レベル呪文を最低でも1つ発動する能力。

利益:

熟練対象として選択した魔法系統の君の呪文に抵抗するために行なう全てのセーヴィング・スローの難易度に+6加算する。これは《呪文熟練》や《上級呪文熟練》によるボーナスと重複する(累積はしない)。

特殊:

この特技は複数回修得できる。その効果は累積しない。修得するごとに、異なる魔法系統に対して適用すること。

出典:

『Epic Level Handbook』p.54

《エピック級呪文熟練》[エピック]Epic Spell Focus

魔法系統(幻術など)を1つ選択すること。君が発動するその系統の呪文は並外れて強力になる。

前提条件:

選択した系統の《上級呪文熟練》、選択した系統の9レベル呪文を発動する能力。

利益:

君が選択した魔法系統の呪文に対して行われるすべてのセーヴィング・スローの難易度が+1上昇する。このボーナスは《呪文熟練》および《上級呪文熟練》によるボーナスと累積する。

特殊:

君はこの特技を複数回修得できるが、効果は累積しない。この特技は追加で修得するたびに、別の系統の魔法に対して適用される。

出典:

『秘術大全』p.191

関連項目

最終更新:2013年12月04日 22:04