D&D

《秘術の打撃》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《秘術の打撃》[一般]Arcane Strike

君は秘術のエネルギーを自分の近接攻撃に乗せて放つことができる。

前提条件:

呪文レベル3レベル以上の秘術呪文を発動できる能力、基本攻撃ボーナス+4以上。

利益:

この特技を発動すると(機会攻撃を誘発しない1回のフリー・アクション)、君は秘術呪文のエネルギーを1つの近接武器、自分の素手打撃、肉体武器を通じて放つことができるようになる。このために君は、その日の(1レベル以上の)呪文を1つ費やさなければならない。そうすることで君は1ラウンドの間、全ての攻撃ロールに、費やした呪文レベルに等しい攻撃ボーナスおよび、費やした呪文レベルd4ポイントの追加ダメージを獲得する。この特技により攻撃ロールに加えられるボーナスは、君自身の基本攻撃ボーナスよりも高くあってはならない。
例えば、ブレードシンガーのヤレンは、基本攻撃ボーナスが+11であり、4レベルの秘術呪文を発動できる。彼は自分のターンにその日の4レベル呪文を1つ費やすことにした。これにより、その呪文はあたかも発動したかのように失われる。次の自分のターンまで、ヤレンはその攻撃ボーナスに追加で+4のボーナスを獲得し、そして彼が選んだ1つの近接武器(彼のレイピア)に+4d4ポイントのダメージを獲得する。

出典:

『戦士大全』p.103

関連項目

最終更新:2013年12月05日 19:39