D&D

《神々しき長老》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《神々しき長老》[一般]Venerable Elder

部族の人々は君のことを生ける人々の間で最高の叡智と知識を持つ存在と見なしている。

前提条件:

《統率力》《一目置かれた長老》《賢き長老》、部族の一員であること、古希の年齢段階。

利益:

1日1回、君は任意の〈交渉〉や〈威圧〉判定に+10の洞察ボーナスを得ることができる。この能力を使うかどうかは、判定のロールを行なう前に宣言しなければならない。加えて、君はあたかも統率力値が4高いかのように、バーバリアン・レベルを持つ腹心1人を得ることができる(これは《一目置かれた長老》《賢き長老》特技によるボーナスと置き換わるものであり、累積はしない)。

出典:

『Dragon #334』p.84

関連項目

最終更新:2013年12月07日 20:33