D&D

《賢き長老》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《賢き長老》[一般]Wise Elder

部族の人々は君の偉大なる叡智と知識とを価値ある資産と見なしている。

前提条件:

《統率力》《一目置かれた長老》、部族の一員であること、老年の年齢段階。

利益:

1日1回、君は自身の部族の者たちに影響を与えるための〈交渉〉か〈威圧〉判定を再ロールできる。たとえ最初のロールの結果よりも悪い結果だったとしても、二度目のロール結果を受け入れなければならない。また、君はあたかも統率力値が2高いかのように、バーバリアン・レベルを持つ腹心1人を得ることができる(これは《一目置かれた長老》特技によるボーナスと置き換わるものであり、累積はしない)。

出典:

『Dragon #334』p.84

関連項目

最終更新:2013年12月07日 20:35