D&D

《熊の牙》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《熊の牙》[武器スタイル]Bear Fang

君はアックスとダガーを同時に使って戦う、獰猛な戦闘スタイルを体得している。君は瞬きする間もなく相手の懐に入り込んで戦うことができる。

前提条件:

利益:

君が同一ラウンドに同一クリーチャーに対してそのアックスとダガーの両方の攻撃を命中させることができたなら、君は双方の武器で通常のダメージを与えるのに加え、あたかも“つかみ強化”能力を持っているかのように、1回のフリー・アクションとして機会攻撃を誘発せずに組みつきを開始することを選択できる。最初の接触攻撃は必要ない。
組みつき判定に成功したなら君はアックスを落とすか、組みついている敵に対して、自分の一番高い基本攻撃ボーナスを用い、ダガーですぐさま1回の追加攻撃を行なうことができる。(組みつき時に攻撃することによる-4のペナルティは通常通り適用される)。以降のラウンド、君は通常のペナルティを受けて組みつき中にそのダガーで攻撃を行なうことができる。

出典:

『戦士大全』p.113

武器スタイル特技:

最も高名なる戦士。彼はその独特な戦闘様式、得意とする武器の組み合わせ、そしてその人にその技ありと知れ渡る特別な戦闘術によってその名を馳せている。《強打》《武器破壊強化》を学び、自分の腕力をどのように用いれば最上の効果が得られるかを見出す戦士、《攻防一体》《武器落とし強化》を学び剣術の粋を修練する戦士は数多い。しかし、王国すべてを探しても《三日月の剣》の技を体得しているのはただ一人だろう。
武器スタイル特技は数多くの特技から利益を引き出す特技であり、多くは特定の武器の使用が必要となる。

関連項目

最終更新:2013年12月08日 06:33