D&D

《信仰の鎧》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《信仰の鎧》[信仰]Divine Armor

君はいざという時に自分の奉じる神格に加護を願い、敵の攻撃を寄せ付けない信仰の力で身を鎧うことができる。

前提条件:

信仰術者レベル5、アンデッド退散または威伏能力。

利益:

1回の即行アクションとして、アンデッド退散または威伏の使用回数を1回分消費することにより、アンデッド退散または威伏の使用回数を1回分消費することにより、君は次の自分のターンの開始時までの間、“ダメージ減少5/―”を得る。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.90

信仰特技:

信仰特技はアンデッド退散ないし威伏能力を持つ者だけが修得できる。君はアンデッド退散/威伏をアンデッド・クリーチャーに対して作用させるのではなく、修得している信仰特技の利益を作動させるために使用するのだ。君は1ラウンドに1つの信仰特技しか起動することができない。ただし、持続時間が重複した結果として、複数の信仰特技の利益を同時に受けることができることもある。信仰特技は超常能力であり、その起動に要するアクションの種類や起動にかかる時間は、特技ごとに異なる。信仰特技の起動は、特技の解説で特に明記されていない限り、機会攻撃を誘発しない。目標に直接ダメージを与えるものと除き、信仰特技の起動は攻撃とは見なされない。

関連項目

最終更新:2013年12月08日 11:23