D&D

《戦う千両役者》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《戦う千両役者》[戦術]Combat Panache

輝くばかりの個性と冴え渡る演技力を持つ君は、その千枚張の面の皮だけで洗浄を渡っていくことができる。他の者たちが武器と鎧に頼るところを、君は鋭いウイットと騙しのテクで切り抜けるのだ。

前提条件:

〈威圧〉8ランク、〈芸能〉8ランク、〈はったり〉8ランク。

利益:

《戦う千両役者》特技を修得することにより、君はの3つの特殊な戦闘術を実行できるようになる。

ご都合主義なズッコケ:

君はほんの一瞬だけ、無防備な状態を装う。そこで敵が斬りかかってくると、君はスルリと身をかわして、敵を同士討ちさせる。計算し尽くすされた位置取りと、自分を手頃なカモに見せかける演技力によって、君は敵が致命的なヘマをやらかすように仕向けることができるのだ。
この戦闘術を使用するには、君は1体の敵から攻撃の命中を受けなければならない。次の君のターンに、君は1回の移動アクションをとることによって、君の〈はったり〉とその敵の〈真意看破〉による対抗判定を行なうことができる。この判定に勝利した場合、君はその敵の次のターンの開始時に1回の割り込みアクションをとることによって、その敵が次に行なう近接攻撃で、君が指定した別の目標(その敵が機会攻撃範囲に収めているクリーチャーでなければならない)を攻撃させることができる。

死んだふり:

君はまるで殺されたかのように、へなへなと地に倒れ伏し、敵に偽りの安心感を抱かせることができる。君が1回の攻撃によって少なくとも10ポイント以上のダメージを受けた時、君は1回の割り込みアクションをとることによって、死んだふりをしようと試みることができる。君は倒れて伏せ状態になった後、君の〈はったり〉と君に攻撃したもの(ほかに注視している者がいれば、その者も)の〈真意看破〉による対抗判定を行なう。君が判定に勝利したなら、君を注視していた者は、君が死んだと思いこむ。その後、同一ラウンド中に起きあがって、その敵を攻撃した場合、その敵は通常であれば君に対して行なえるはずの機会攻撃をまったく行なうことができなくなり、さらに、君が行なう最初の攻撃においてACに対する【敏捷力】ボーナスを失う。
君はこの能力を1回の遭遇につき1回しか使うことができない。

背筋も凍る眼差し:

威圧的な存在感と武芸の技をうまい具合にミックスすることで、君は目標に選んだ敵を恐れおののかせ、効果的に君と戦うことができなくしてしまう。君が敵に少なくとも1ポイントのダメージを与えた次のターン、君は1回の移動アクションによって、その敵に対して〈威圧〉判定を行なうことができる。この判定に成功した場合、その敵は君に対する攻撃判定に、君の【魅力】ボーナスに等しいペナルティを受ける。君はこの利益を一度に1体の敵からしか得ることができない。この利益は遭遇が終了するまで、または君が目標を別のクリーチャーに切り替えるまで持続する。君が(別のクリーチャーに対して新たに〈威圧〉判定を試みることによって)この能力の新しい目標を指定した場合、以前の目標はそれ以後、君に対する攻撃判定にペナルティを負わなくなる。〈威圧〉技能の効果に完全耐性を持つクリーチャー)は、この戦闘術に対して完全耐性を持つ。

特殊:

ファイターは《戦う千両役者》をファイター・ボーナス特技として選択することができる。

戦術特技

戦術特技により、キャラクターは数々の強力な戦闘術を繰り出すことができるようになる。
君がなにがしかの戦術特技を修得したキャラクターをプレイしているなら、君にはその特技を使用するための手順として要求されているアクションをきちんと行ったかどうかを記録しておく責任が生じる。DMに対して、あらかじめ君が戦闘術を試みるつもりであることを手短に伝えておくのも良い方法だ。「僕はこのラウンド“反撃の棘”の戦闘術を使ってるよ。言っとくけど、敵が僕を攻撃してミスしたら、僕はその敵に対して攻撃ボーナスを得るからね」などという具合に。
戦術特技の解説文中には、“最初のラウンド”、“次のラウンド”のような言い回しが登場する。これらは戦闘術を使用するタイミングに関連した用語であって、遭遇の開始時点からの経過ラウンド数ではない。たとえば、《ひらめく外套の戦士》特技の場合、戦闘開始後最初のラウンドに敵と隣接するマスに移動しなければ、その戦闘中に“戦闘隠しの外套”戦闘術が使えなくなってしまうというわけではない。戦闘開始から何ラウンド経過していようと、戦闘術を使用する手順を考える上では、君が敵と隣接するマスに移動したラウンドが“最初のラウンド”となるのである。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.95

関連項目

最終更新:2013年12月08日 19:58