D&D

《回避の武心》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《回避の武心》[武心]Combat Defense

君の研ぎ澄まされた集中力と精神鍛練は、戦闘中防御の意識を向ける対象を咄嗟に別の敵に切り替えるという、的確で抜け目ない戦術行動を可能にする。

前提条件:

【敏】13、【判】13、《回避》《武心集束》、基本攻撃ボーナス+6。

利益:

武心集束を維持している間、君は1回の割り込みアクションとして、《回避》特技の目標を別の敵へと変更できる。
3つ以上の武心特技を修得しているなら、君は《回避》特技の目標に対するACに追加で+1の回避ボーナスを得る。

特殊:

ファイターは《回避の武心》をファイター・ボーナス特技として選択することができる。

武心特技

世の戦士のほとんどは、自分の筋力、敏捷力、耐久力を頼りに戦う。しかし、わずかではあるが、精神に秘められた真の可能性を学ぶ者もいる。こうした戦士たちは、まるでモンクのように、自らの戦闘能力を高めるべく、肉体を鍛えると同時に厳格な精神修養を行なう。戦いに身を投じる時、彼らの精神を肉体は1つになり、その戦技を比類なき高みへと昇らせる。この精神と肉体の完璧な調和を“武心集束の維持”という(キャラクターは《武心集束》と呼ばれる特技を修得することによって、この状態を達成するすべを学ぶ;他の武心特技は《武心集束》を前提条件としている)。武心集束の維持は困難にして心身の緊張を強いる。そのため、戦士はこの状態を長時間保ち続けることができない。しかしながら、武心集束を維持している間、彼は修得しているすべての武心特技を使用することができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.89

関連項目

最終更新:2013年12月08日 20:17