D&D

《死の氷雪呪文》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《死の氷雪呪文》[呪文修正]Death Frost Spell

君の死霊術魔法に対する熟練に、カラン・クラルの廃墟に吹き込まれた奇妙なエネルギーに対する理解を組み合わせることによって、君は死霊術の呪文を強化し、それによってその呪文は通常の効果に加えて[冷気]ダメージをも与えるようになる。

前提条件:

《呪文熟練:死霊術》、カラン・クラルの廃墟で最低でも1日を過ごすこと。

利益:

《死の氷雪呪文》は、その呪文の効果を受けたあらゆるクリーチャーに対して2d6ポイントの追加[冷気]ダメージを与える。もしその呪文がセーヴィング・スローによってその効果を不完全なものとしたり、完全に無効化したりできるものであれば、同じセーヴィング・スローがこの追加[冷気]ダメージにも適用される。たとえば、グール・タッチは頑健セーヴによってその効果を完全に無効化することができるため、《死の氷雪呪文》とされたグール・タッチに対するセーヴに成功すれば、その追加[冷気]ダメージと、呪文の標準の効果の両方を完全に無効化できる。もし修正された呪文に持続する効果があるなら、追加[冷気]ダメージはその呪文の効果が発揮された瞬間にだけ発生する。《死の氷雪呪文》で修正された呪文は[冷気]の補足説明を得る。《死の氷雪呪文》は本来の呪文レベルより1レベル高い呪文スロットを使用する。

出典:

『Dungeon #109』p.50

関連項目

最終更新:2013年12月09日 19:19