D&D

《伝染性の麻痺》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《伝染性の麻痺》[モンスター用]Contagious Paralysis

君の麻痺攻撃は伝染する。

前提条件:

変則能力あるいは超常能力としての麻痺攻撃。

利益:

君の特殊攻撃によって麻痺状態になったあらゆるクリーチャーは、そのクリーチャーに触れた他のクリーチャーに麻痺状態を伝染させる。君が麻痺させたクリーチャーに触れたクリーチャーは、あたかも君がその者に麻痺攻撃を与えたかのように、即座にその効果を被る(もしセーヴが許されているなら、抵抗するための同じセーヴ難易度を使用する)。
もし君の伝染性の麻痺攻撃に対するセーヴに成功したなら、そのクリーチャーは君のその攻撃に対し24時間影響を受けない。

モンスター用特技 Monstrous Feats

ここに紹介されている特技はモンスター用特技という分類に属している。モンスター的な形態を持つか、1つ以上のモンスター的能力を有するクリーチャーやキャラクターだけがこれらの特技を修得することができる。モンスター的形態とモンスター的能力とは、一般的に人型生物や動物のクリーチャーには得ることができないものであり、追加の付属器官や異常な付属器官、そして変則能力や超常能力、擬似呪文能力といったものが含まれるが、これらに限定されるものではない。
キャラクターによっては初めはこれらの特技を修得することができないが、後日の何らかの出来事(アンデッド・テンプレートを獲得したり、アンデッド・モンスター・クラスとのマルチクラスをしたりなど)によって、これらの特別な特技を利用できるようになるかもしれない。

出典:

『Libris Mortis』p.25

関連項目

最終更新:2013年12月09日 20:14