D&D

《不浄の化身》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《不浄の化身》[モンスター用]Corrupted Wild Shape

君はアンデッドの形態であることに由来する死霊術のエネルギーを使う方法を学んでおり、アンデッド・クリーチャーでは野生の化身の能力を使用できないという制限を克服することができる。君は野生の化身の能力を使って、腐肉を持ったアンデッド・クリーチャーの形態を取ることができる。

前提条件:

アンデッドのクリーチャー種別、自然の化身の能力。

利益:

君はたとえアンデッドであっても自然の化身の能力を使用することができる。下記の点を除き、あたかも君が生きているクリーチャーがこの能力を使った場合と同様に機能する。
君は新しい形態の【耐久力】の値を獲得せず、新しい形態である間ずっと、アンデッドのクリーチャー種別の完全耐性をすべて維持する。君が取る形態は、半腐乱状態で、毛皮がところどころ欠けて腐敗しており、肉は蛆虫に食われている。この形態を取っている間、君の周囲には死肉の臭いが漂う。

通常:

ポリモーフ呪文を基にしているため、野性の化身は生きているクリーチャーにだけ機能する。

モンスター用特技 Monstrous Feats

ここに紹介されている特技はモンスター用特技という分類に属している。モンスター的な形態を持つか、1つ以上のモンスター的能力を有するクリーチャーやキャラクターだけがこれらの特技を修得することができる。モンスター的形態とモンスター的能力とは、一般的に人型生物や動物のクリーチャーには得ることができないものであり、追加の付属器官や異常な付属器官、そして変則能力や超常能力、擬似呪文能力といったものが含まれるが、これらに限定されるものではない。
キャラクターによっては初めはこれらの特技を修得することができないが、後日の何らかの出来事(アンデッド・テンプレートを獲得したり、アンデッド・モンスター・クラスとのマルチクラスをしたりなど)によって、これらの特別な特技を利用できるようになるかもしれない。

出典:

『Libris Mortis』p.25

関連項目

最終更新:2013年12月09日 20:16