D&D

《三雷の産声》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《三雷の産声》[呪文修正]Born of the Three Thunders

君は[電気]や[音波]の呪文を発動する際に稲妻と雷鳴の力を組み合わせることを学んだ。

前提条件:

〈知識:自然〉4ランク、《呪文エネルギー変更:[電気]》>

利益:

君は[電気]ないし[音波]のいずれかの補足説明が付いており、かつヒット・ポイント・ダメージを与える呪文を発動する際、「この呪文は“三雷の呪文”である」と宣言することができる。そうすれば、その呪文の与えるダメージの半分は[電気]ダメージ、半分は[音波]ダメージとなる。加えてその呪文の終わった後には耳をつんざく雷鳴が鳴りわたる。これにより、その呪文でダメージを受けたクリーチャーはみな頑健セーヴを行ない、失敗すると1ラウンドの間朦朧状態となる。かつ、朦朧化したクリーチャーはみな反応セーヴを行ない、失敗すると伏せ状態になる。どちらのセーヴも難易度はもともとの呪文のセーヴ難易度に同じ。ただし三雷の力は諸刃の剣であり、呪文にこの力を与えた場合、術者自身は自動的に1ラウンドのあいだ幻惑状態となる。
三雷の呪文は本来のレベルと同じレベルの呪文スロットを使う。また、その補足説明は両方のエネルギーを含むようになる。たとえば三雷のライトニング・ボルトは、力術[音波、電気]呪文となる。

出典:

『秘術大全』p.76

関連項目

最終更新:2013年12月11日 06:53