D&D

《呪文次元界越境化》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《呪文次元界越境化》[呪文修正]Transdimensional Spell

君は、併存する次元界や呪文の効果範囲内に入り口がある異次元空間にある目標に作用を与えることのできる呪文を発動することができる。

利益:

次元界越境化された呪文は、効果範囲内の、非実体クリーチャー、エーテル界にいるクリーチャー、影界にいるクリーチャー、呪文の効果範囲内に入り口がある異次元空間にいるクリーチャーに対し、完全な効果を与える。これらのクリーチャーには、エーテル状態のクリーチャー、ブリンク呪文やシャドウ・ウォーク呪文の影響下にあるクリーチャー、顕現したゴースト、ロープ・トリックやポータブル・ホールやファミリアー・ポケットの異次元空間内にいるクリーチャーが含まれる。
クリーチャーを目標とするためには、君がそのクリーチャーを認識している必要がある。しかしながら、特定のクリーチャーを認識していなくても、そのクリーチャーを円錐形、拡散、爆発、放射、の各範囲内にとらえることはできる。
次元越境化された呪文は、本来のレベルよりも1レベル高い呪文スロットを使用する。

通常:

[力場]である呪文や効果だけがエーテル状態のクリーチャーに作用を及ぼすことができ、物質界の攻撃は影界や閉じられた異次元空間にいるクリーチャーには作用しない。[力場]効果以外の呪文はすべて、非実体クリーチャーに対しては50%の確率で失敗する。

出典:

『秘術大全』p.78(2004年11月)

関連項目

最終更新:2013年12月11日 20:56