D&D

《呪文二重化》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《呪文二重化》[呪文修正]Twin Spell

君は1つの呪文を2回同時に発動できる。

利益:

二重化された呪文を発動すると、その呪文は同じ効果範囲または同じ目標に対して2回同時に効果を及ぼす。変数(攻撃ロール等)や君がその呪文に対して下す決定(目標や効果範囲など)は両方の呪文に適用される。呪文の作用を受けたクリーチャーは両方の呪文のすべての効果を別々に受ける(たとえば、もしセーヴを要する呪文なら、2回のセーヴを別々に行う)。
普通なら2度発動されても効果が累積しないような呪文は、首尾よく二重にかかると、無駄な効果を生み出すことがある(『プレイヤーズ・ハンドブック』p.153の「魔法効果を組み合わせる」を参照)。たとえば二重化されたチャーム・パースンは、別段、より強力な効果を生み出すわけでも、持続時間が長くなるわけでもない。けれど目標の仲間が魅惑を解こうとする際には、2回の解呪判定を行なわねばならない。他の呪文修正特技と同様、呪文を二重化しても呪文相殺に対する脆弱性は変わらない。従って、1回の呪文相殺によって、二重化された呪文の双方を相殺することができる。
二重化された呪文は、本来のレベルよりも4レベル高い呪文スロットを使用する。

出典:

『秘術大全』p.79

関連項目

最終更新:2013年12月14日 06:48