D&D

《呪文爆裂化》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《呪文爆裂化》[呪文修正]Explosive Spell

君はクリーチャーを吹き飛ばし打ち倒す呪文を発動できる。

利益:

爆裂化された呪文の効果範囲内のクリーチャーは、反応セーヴに失敗すると以下の3つの効果をすべて受ける。(1)吹き飛ばされて効果範囲の一番近い端の外側までうつされる。(2)追加のダメージを受ける。(3)倒れて伏せ状態になる。
たとえば爆裂化したファイアーボールの効果範囲内の全クリーチャーは、セーヴィング・スローに失敗したなら、呪文から完全なダメージを受けた上に、呪文の“半径20フィートの拡散”の境界線の外側の一番近いマス目まで飛ばされる。また、爆裂化したライトニング・ボルトは、セーヴに失敗した目標を、直線状の電撃が走る範囲の外へ動かす。このように動かされたクリーチャーは、10フィート動かされるごとに追加で1d6ポイントのダメージを受け(動かされた距離が10フィートに達しない場合、追加のダメージはない)、かつ倒れて伏せ状態になる。もし何らかの障害物があって、吹き飛ばされたクリーチャーが効果範囲の外まで出られない場合、そのクリーチャーはそこで止まり、障害物にぶつかることで1d6ポイントのダメージを受ける(これは“それまで動かされた距離によって受けるダメージ”に加えて受けるのである)。爆裂化された呪文に吹き飛ばされて動かされるさい、その移動によって機会攻撃を誘発することは一切ない。
《呪文爆裂化》は“反応セーヴを要求し、かつ効果範囲(円錐形、円柱、爆発)を有する呪文”にのみ適用できる。爆裂化された呪文は本来のレベルよりも2レベル高い呪文スロットを使う。

出典:

『秘術大全』p.79

関連項目

最終更新:2013年12月14日 07:03