D&D

《ワンド打撃》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ワンド打撃》[一般]Wandstrike

君はワンドにこもった魔法のエネルギーを近接攻撃を通じて放つことができる。

前提条件:

〈魔法装置使用〉4ランク。

利益:

君は1回の標準アクションとしてワンドで1回の近接接触攻撃を行ない、1チャージを消費することで命中を与えたクリーチャーに1d6ポイントのダメージを与えることができる。この攻撃には、追加ダメージはその源泉が何であるかに関わらず(急所攻撃によるものも、“得意な敵”によるものも、“一撃”のボーナスによるものも)一切加えることができない。けれど、この攻撃の一環としてワンドを起動することは可能である。そのワンドから発動される呪文が光線または目標型呪文であるなら、命中を受けたクリーチャーが呪文の目標となる(光線呪文または自動的に命中する)。そのワンドから発動される呪文が範囲に作用するものや“拡散”するなにものかを創造するものなら、その呪文の起点として、相手クリーチャーの存在するマス目の、グリッドの交点をどれか1つ選べる。ただし、君自身が効果範囲に入ってしまう可能性があることを忘れずに。範囲をカバーするわけではない効果を生み出す呪文(各種のサモン・モンスター系呪文など)は、《ワンド打撃》による攻撃と同時には使えない。

出典:

『秘術大全』p.83

関連項目

最終更新:2013年12月15日 07:52