D&D

《呪文復唱》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《呪文復誦》[戦術]Spell Rehersal

立て続けに、あるいは同じ目標に対して複数回同じ呪文を発動することでそれを完全なものとすることができる。

前提条件:

術者レベル1。

利益:

《呪文復誦》特技によって、3種類の戦術行動をとることができる。君は1つの呪文には同時に1つの戦術行動しか適用できない。

難易度強化連続発動:

この戦術を使用するためには、君は特定の呪文を2回以上連続して発動しなければならず、かつその呪文は影響を与えるクリーチャーや物体にセーヴィング・スローを許可するものでなければならない。1つ目の呪文を発動した後、繰り返しの呪文を発動する前に1回の移動アクションを取ることができるが、連続発動の間に別の標準アクションを取ることはできない。2回目およびそれ以降連続して発動する呪文において、君はその呪文のセーヴ難易度に累積していく+1を得る。もしこの特技を使用し始めた後に他の呪文を発動したり、他の標準アクションを取ったりしたなら、難易度強化連続発動の連鎖は破れ、最初から改めて始めなければならない。

精密化連続発動:

この戦術を使用するには、君は特定の呪文を2回以上連続で発動しなければならず、かつその呪文は目標に影響を与えるために攻撃ロールを必要とするものでなければならない。1つ目の呪文を発動した後、繰り返しの呪文を発動する前に1回の移動アクションを取ることができるが、連続発動の間に別の標準アクションを取ることはできない。2回目およびそれ以降連続して発動する呪文において、君はその呪文の効果を与えるために行なう攻撃ロールに累積していく+2の強化ボーナスを得る。もし攻撃ロールを必要としない呪文を発動したり、他の標準アクションを取ったりしたなら、精密化連続発動の連鎖は破れ、最初から改めて始めなければならない。

抵抗破り連続発動:

この戦術を使用するためには、君は特定の呪文を2回以上連続して発動しなければならず、かつその呪文は目標にその効果に対する呪文抵抗が可能なものでなければならない。1つ目の呪文を発動した後、繰り返しの呪文を発動する前に1回の移動アクションを取ることができるが、連続発動の間に別の標準アクションを取ることはできない。2回目およびそれ以降連続して発動する呪文において、君は呪文抵抗を打ち破るために行なう術者レベル判定に累積していく+2ボーナスを得る。もし他の呪文を発動したり、他の標準アクションを取ったりしたなら、抵抗破り連続発動の連鎖は破れ、最初から改めて始めなければならない。

特殊:

この利益は君が自分で修得している呪文や準備している呪文と共に、ワンドや巻物といったアイテムから発動する呪文にも適用される。

戦術特技

戦術特技は『戦士大全』で紹介されたものである。これらによって、キャラクターは、まず戦術行動を取るための準備となる前提条件のアクションを取ることで、複数の強力な攻撃を行うことができるようになる。戦術行動を行うにあたってのこれらの一連のアクションの流れを管理し、それを今行おうとしていることをDMに宣言するのは君の責任である。より詳細な情報に関しては、『戦士大全』のp.108を参照。

出典:

『Races of the Dragon』p.105

関連項目

最終更新:2013年12月15日 09:08