※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「パッシブスキル/ステータス増強スキル」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

パッシブスキル/ステータス増強スキル」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

  修得することによってステータスが増加するパッシブスキルです。
  スキルの修得数に上限はありませんが、一部のスキルは競合し同時に修得することができません。
 
 **修練:○○系
  それぞれステータスを固定値で上昇させるスキルです。
  上昇値は大きいですがスキルの最大レベルは低くなっています。
 #region(修練:○○)
 |スキル名|必用SP|効果|スキル最大レベル|要求ステータス|備考|
 |修練:腕力|2SP/1Lv|キャラクタの【腕力】に+[SLv×2]|5|なし|あなたは常に訓練を怠らない。そ&br()の鍛えられた腕部は力強く、易々&br()と折れることはない。|
 |修練:脚力|2SP/1Lv|キャラクタの【脚力】に+[SLv×2]|5|なし|あなたは常に訓練を怠らない。鍛&br()えられた足腰は、負担などものと&br()もしないだろう。|
 |修練:武力|2SP/1Lv|キャラクタの【武力】に+[SLv×2]|5|なし|あなたは自分を鍛え続けている。&br()武芸に長けるあなたの動きは卓越&br()された鋭いものだ。|
 |修練:魔力|2SP/1Lv|キャラクタの【魔力】に+[SLv×2]|5|なし|あなたは魔力の魅力を知る。その&br()魔術の扱いに置いて、あなたは確&br()かな実力がある。|
 |修練:器用|2SP/1Lv|キャラクタの【器用】に+[SLv×2]|5|なし|あなたは慎重さを心得ている。繊&br()細で精密なその指先ならば、少し&br()の細かさなど気にはならない。|
 |修練:知識|2SP/1Lv|キャラクタの【知識】に+[SLv×2]|5|なし|あなたは知識に貪欲だ。その蓄え&br()られた知識はあなたの糧であり、&br()仲間の助けとなるだろう。|
 |修練:感知|2SP/1Lv|キャラクタの【感知】に+[SLv×2]|5|なし|あなたは変化に敏感だ。鋭い眼差&br()しと研ぎ澄まされた感覚は、全て&br()の事柄を掌握する力になる。|
 #endregion
 
 **素養:○○系
  キャラクターのレベルに応じて効果が上昇するスキルです。
  スキルレベルは1で固定され、キャラクターレベルが上がる程効果が発揮されます。
  『素養:○○』のスキルは&color(#ff0000){どれか一つしか修得できません}。
  なお効果の端数は切り捨てとなりますが、1を下回る場合の下限は1となります。
 #region(素養:○○)
 |スキル名|必用SP|効果|スキル最大レベル|要求ステータス|備考|
 |素養:武力|5SP/Lv|キャラクタの【武力】に+[CLv/3]|1|【武力】基礎値[10]|あなたは武芸の才能に秀でる。そ&br()の素質はどのような相手にも対抗&br()可能な力となる。|
 |素養:魔力|5SP/Lv|キャラクタの【魔力】に+[CLv/3]|1|【魔力】基礎値[10]|あなたは魔術の才能に秀でる。容&br()易く振るわれるその力は、抗える&br()相手は数少ない。|
 |素養:器用|5SP/Lv|キャラクタの【器用】に+[CLv/3]|1|【器用】基礎値[10]|あなたの器用さは天性のものだ。&br()小人の針に糸を通すことさえ可能&br()になるかもしれない。|
 |素養:知識|5SP/Lv|キャラクタの【知識】に+[Clv/3]|1|【知識】基礎値[10]|あなたは優れた記憶力を誇る。蓄&br()えられた知識はあなたと仲間たち&br()にとってなによりの武器だ。|
 |素養:感知|5SP/Lv|キャラクタの【感知】に+[Clv/3]|1|【感知】基礎値[10]|あなたには人並み外れた感覚の鋭&br()さがある。その変化を感じる力は&br()生死に直結するだろう。|
+|素養:技術|5SP/Lv|キャラクタの【技術】に+[CLv/3]|1|【技術】基礎値[10]|あなたの技術力は世界有数だ。あ&br()なたの生み出す作品は世界でも類&br()稀なる品物になれるだろう。|
 #endregion