DU3BM:黒川唯一(くろかわ ゆいいつ)登場デュエリスト声:下崎紘史

そういえばさ…
遊城十代、知ってるだろ?
アイツ、「デュエルの匂い」とかが分かるらしいんだ
「デュエルの匂い」ってなんなんだろうな…
デュエリストの存在を感じ取れるということなのか…
でも、俺の存在はアイツにも分からないだろうなぁ…
  • 特徴
6属性デッキを操る三沢大地(Y)の永遠のライバル、「属性デッキ六人衆」の一人。彼は闇属性デッキの使い手である。

作品を重ねるごとに影の薄さは加速しているようで、同じ「属性デッキ六人衆」の一人である風見吹子にさえ
目の前にいるにもかかわらず「まだ異世界から帰還してない」とまで言われる始末。
ある種、三沢大地(Y)よりも目立たない・・・というか存在を認知されない。
授業で出席を取られる事すらままならない様子であるが、どうやって入学したのだろうか?
今作ではその存在感の薄さがイベント化までした。同じく影の薄い三沢と同様、ある意味スタッフには優遇されているのかもしれない。
その存在感のなさから負の感情に取り付かれており、タッグフォース大会優勝後のラストは、まさかのダークネスに導かれるという、衝撃の結末となる。
TF1・2に続き、登場デュエリストが半端になると出現しにくくなる。
だが、前作のように組み合わせを考えないと一切出ない、なんてことは無く、規則性は不明だが、デュエリスト数が半端になってもマップ上に現れる。

使用デッキは悪魔デッキ。
守備力0のミストデーモンジャイアント・オーク偉大魔獣 ガーゼットなどを採用し悪夢再びを使って再利用するデッキ。
ダークゾーンの影響化でレベル4にして攻撃力が2500を超えるモンスターが多く、瞬発力は高い。
また邪悪なるバリア -ダーク・フォース-の使い手でもあるため守備表示のモンスターがいるまま攻撃する時は注意。

ただし、パートナーデッキには守備力0・闇属性モンスターが2種類6体しか存在しないので
悪夢再びが手札で腐りやすい上、例によってパートナーデッキは編集不可なので注意する事。
対策としてはこちらのデッキに悪夢再びに対応するカードを多めに入れておく事だが、
モンタージュ・ドラゴンを主軸とした【ユベル】にするのはオススメ出来ない。
手札に来ると事故を招きやすいユベル及びその進化系のカードは、
CPUの思考において悪夢再びでサルベージする優先順位が高いためである。

ちなみに、彼の禁止デッキは邪帝ガイウスを3積みし、
そしてなんと禁止カードは4枚投入という恐ろしいデッキである。
一応、彼の象徴の一つである破邪の大剣-バオウ系列のカードは投入されているが、
その他の六人衆の象徴であるダークネスソウル深淵の結界像等は容赦無く抜かれており、
かなり強力な部類に入るデッキであるので注意した方が良い。


  • お気に入り
デッキ封入分

  • 使用デッキ(更新済み)
デッキ名 レベル デッキ使用場所
誰もいない闇1 1周目、2周目以降前半
誰もいない闇2 2周目以降後半・パートナーデッキ
誰もいない闇3(禁) 禁止・制限解除
E・S・P!E・S・P! イベント専用

  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル?いいのかい?
影が薄いからって、甘く見ないことだね そろそろいこうか…
勝利 俺…勝ったのか… ぜんぜん気づかなかった…
またデュエルしよう 今度はもっと存在感のあるデュエルになるさ…
敗北 キミ…なかなか強いね…
またデュエルしよう 今度はもっと存在感のあるデュエルになるさ…
引き分け 引き分け…たのか… ぜんぜん気づかなかった…
またデュエルしよう 今度はもっと存在感のあるデュエルになるさ…

  • ドローパン
大好物:黄金のタマゴパン
    「おいしい…すごくおいしい…
     キミがいてくれて…よかったよ…」
好物 :購買のまかない
    「ああ…おいしいよ…
     ひさしぶりだよ…こんな気持ち…」
普通 :購買のまかない、デスティニー、黄金のタマゴパン以外全て    
    「うん…パン…だね」
嫌い :なし(下記のセリフはデスティニーパンでのみ見られる)
    「ううっ…なんだか…
     ヘンな…味…」
大嫌い:なし(同上)
    「うううっ! まずいっ…!
     でも…これが、生きてるってことだよね…」