第二話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二話


街がゾンビ達で埋め尽くされる。

人間は喰われ、また新たにゾンビが作り出される。

いくら殺しても湧いて出てくるゾンビ、ゾンビ、ゾンビ……



「っ!」



どうやら悪夢をみていたらしい。

背中に冷や汗を感じる。

(……布団?)

「あら、気が付いたかしら。」

「!?」



突如、紅と白の服、頭に紅いリボンを付けた少女が出てきた。



「……君は誰だ。」



ハンドガン【Night Hawk .50C】を構え、警戒する。



「失礼ね、折角助けてあげたのに。」

「“君は誰だ”と聞いている。」

「はぁ……私は“博麗霊夢”この神社の巫女よ。」



神社……確かニホンと言う国の神を奉る場所……と、確か隊員から聞いたことが……



「そうだ!私の他に人はいなかったか!?」

「いえ……あなただけだったけど……」

「そうか……」



恐らくレックス博士が別々の場所に飛ばしたのだろう。



「助けてくれてありがとう、私の名は“ヘルス=ベクト”だ、よろしく。」

「あ、よろしk「霊夢!来たぜ!!」



奥から女性の声が聞こえた、と同時に辺りから聞き覚えのある呻き声が聞こえた。



「弾幕が効かないなんて……ホント嫌な敵だわ!」



そう言いながら部屋を出て行った。



「あの声は……忌々しいゾンビ共だ……」



『ゾンビを送った世界におまえ達を送り込むのさ!』



「レックスめ……私たちの世界だけじゃあ物足りないとでも言うのか!!」



壁に立てかけてあったSVDを持ち、鞄を背負って、巫女の後を追った。



……………

…………

………

……

最終更新:2010年02月02日 17:02
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。