第四話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四話





あの後、彼女達からこの世界のことを教えてくれた。

【幻想郷】という名前で、神や妖精、妖怪が暮らす世界だという。

ゾンビ共が来たのは数ヶ月前で、彼女達が作り出す事ができる【弾幕】というのは効かないらしい。

しかし、日差しに弱いらしく太陽がでている時ならば移動が可能だという。



~翌日~



「世話になったな、霊夢。」

「行ってくるぜ。」

「今度来る時はお賽銭持ってきなさい。」



他の隊員達を探す為に、博麗神社を後にすることになった。

行き先は人が居る里【人里】だ。



「人里か……」

「今異変が起きているからかなり賑やかだぜ。」

「に……賑やか?」

「今は外に変な奴らが居るから互いに助け合い、元気を出し合わないとやってられないからな。」

互いに助け合い、元気を出し合う……



「俺の住んでた街……いや、世界も前はそんなんだったな。」

「だけど奴ら……ゾンビだっけか?そのせいで……」

「ああ、酷い世界な変わったよ……」



そう、忘れもしないあの日々……



「人々はゾンビ共に追われ、恐怖し、発狂した者もいた。」

「は……発狂……」

「そこで立ち上がった組織が“ZEU”ゾンビ撲滅軍だ。」

「この組織が立ち上がってから人々の希望や勇気が沸き始め、そして全ての元凶、レックス博士を見つけたんだが……」

「こっちに飛ばされたのか?」

「ああ……ん?あれか?」

「お、見えてきたな。」

「高い門だなぁ……あれならゾンビ共からの攻撃も防げそうだな、け……何だっけ?」

「結界だぜ。」



門の前に兵士が二名、槍を持って見張りをしている。



「魔理沙さん……と、おまえは誰だ!?」

「私は……」

「今の時期珍しいが外来人だぜ。」

「外来人か、里にも1人そんな奴がいたな……」

「本当か!?」

「良かったじゃないかヘルス!さ、中に入れてくれ。」

「はっ!」



ギギギギ……と、重い門開き、魔理沙とヘルスは人里に入っていった。



……………

…………

………

……

最終更新:2010年02月07日 20:55
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。