新東京レギュレーション

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●新東京レギュレーション

・銃器の制限について
 新東京では法律と行政により、銃火器に対する厳しい制限が課せられています。
 例外は治安関係者の備品ですが、これは同様に厳しい管理が行われているためPCが一般的に使うには適していません。
 この状況を反映するため、身体ダメージを与える銃器とその弾薬等に関しては全て禁制品(F)になるとともに入手値が以下のように増加します。
 銃器アクセサリーおよび改造についてはこの修正は受けません。
ホールドアウトピストル  +0 
ライトピストル  +2 
ヘビーピストル、マシンピストル  +4 
SMG、ショットガン、ライフル  +6 
重火器  +8 
手榴弾  +4 
特殊射撃武器  +4~8(GMの判断) 
 上記の制限は、キャラクター作成時から適用されます。

・適切なコンタクトによる修正について
 キャラクターが適切なコンタクト(GM判断)を有している場合、銃器弾薬の入手値の修正を無効にすることができます。
 コンタクトのコネ値と忠実値のどちらか低いほうが上記の修正を上回る場合、上記の修正を無視することができます。
 この方法で購入する場合、追加で500新円の費用と1週間のダウンタイムが追加されます。
 また、忠実値が足りない場合は500新円を追加するごとに一時的に忠実値を+1することができます。

・刀剣の所持について
 日本帝国では帯刀は成人の権利のひとつとして社会的に認められています。
 ただしこれは携帯を明らかにしていることが前提です。またむやみに大仰な武器を携帯することは無作法と思われがちです。
 このため、〈刀剣〉カテゴリの武器をおおっぴらに携帯していても法的に問題になることはありません。
 ただし、リーチが2以上の武器を携帯している場合、社交リミットが(リーチ-1)されます。複数携帯している場合、この効果は累積します。

・ノイズ値について
 電波の過密により、平均的な都市部(地図参照)ではノイズ値が2となります。

・ダウンタイム中の活動について
 キャラクターはダウンタイム中に通常の成長等に加えて以下の2種類の行動をとることができます。
 「利益のために働く」この行動を選択した場合、未使用カルマ1点を消費するごとに1000新円を入手することができます。
 「社会のために働く」この行動を選択した場合、所持金4000新円を消費するごとに1カルマを取得します。
 上記の行動を行うためには1週間のダウンタイムが必要であり、セッションとセッションの間では最大で5カルマ分までしか行動できません。
 またこの行動の時間は成長等と並行することができません。
 「社会のために働く」によりカルマを獲得した場合、累積カルマも同様に上昇します。

・サイバーウェアやバイオウェアの処分について
 サイバーウェアや培養バイオウェア以外のバイオウェアは適切なコンタクトを通じて処分することができます。
 その場合の価格は(グレードによる修正を加えた)価格の20%になります。
 (基本ルール425ページの記述を上書します)
 培養バイオウェアやデルタグレードのウェアはこの方法では処分できず、ただのゴミにしかなりません。
 なお、死体を含めた他人のウェアを売りさばくことは評判の低下につながる恐れがあります。
 GMはそうした行為の頻度や規模を元にキャラクター達に悪評を与えてもかまいません。

・身体強化のアップグレードについて
 サイバーウェアや培養バイオウェア以外のバイオウェアを同一のものを購入しアップグレードする(グレード変更含む)場合、両者の差額の1.2倍を支払えばアップグレード可能とします。
 なお、入手判定自体は必要ですので正規のルールに従ってください。
 グレード変更によって消費エッセンスが減少した場合でも差額については回復しません。
 (エッセンスの「穴」として扱われます)
 ベータウェアまでは通常通りアップグレードできます。デルタウェアに関してはデルタクリニックへの特殊なツテがないと不可能です。
 デルタクリニックへのツテはセッションの報酬などで与えられますが、キャラクターが通常獲得できるコンタクトでは不可能です。
 上記のルールはサイバースイート(Lockdown掲載)や一式強化(Chrome Flesh掲載)には適用できません。

・サイバーデッキとRCCのアップグレードについて
 キャラクターのサイバーデッキとRCCをよりよいものに交換したい場合は以下のルールを使用します。
 まず、通常通りの入手判定を行ってください。
 入手判定に成功した場合、すでに持っているものを処分するとともに新しいものとの差額の1.2倍の新円を支払うことで入手できます。
 差額を計算する際にデッキの形状変化(Data Trail掲載)の分は加算してかまいません。
 なお、サイバーデッキからRCCへの交換、あるいはその逆はこのルールは適用されません。

・罪状について
 PCがセッション中に行うであろう違法行為とそれが発覚した場合のペナルティは以下の通りです。
違法行為 罰金 その他ペナルティ
SINを公開しない 100 SINの公開が要求され、チェックされる
SINを所持していない 500 拘留後退去になる
偽造免許を所持している レーティング×200 偽造免許は失われる。レーティング4以上は逮捕
偽造SINを所有している レーティング×500 偽造SINは失われる。レーティング4以上は逮捕
免許が必要な物品を無免許で所持している アイテムごとに250 偽造SINが発覚したらアイテムは没収される
入手値がFの物品を所持 アイテムごとに500 アイテムは没収され逮捕される
グレイマナタトゥーをいれている レーティング×250 タトゥーを摘出される。公的認知度+1
無許可の呪文行使 1000 ストリートの評判-1
本来の入手値がRの銃器の所持 1000 ストリートの評判-1、銃器は没収される
本来の入手値がFの銃器の所持 2500 ストリートの評判-1、銃器は没収され逮捕される
グレイマナ加工をしたアイテムを所持(1~3) レーティング×500 ストリートの評判-1、銃器は没収される
グレイマナ加工をしたアイテムを所持(4~6) レーティング×1000 ストリートの評判-1、銃器は没収され逮捕される
逮捕に抵抗する 3000 無力化のための適切な暴力行使、犯罪者SINの発行
 SINなしで拘留された場合、8時間の拘束の後で地下東京に移送されます。
 逮捕された場合、最低24時間の拘束の後で適切な場所に移送されます。更に
 悪名と公的認知度がそれぞれ+1され、警察関係のコンタクトの忠実値が-1されます(最低1)
 拘束中は休息や治療、エッジの回復を行えません。