おんがくしつ

唯「もー!ムギちゃんは分かってないなぁ!」プンスカ!

紬「え?」

唯「ごうかんの醍醐味はね…」

唯「嫌がる相手に力ずくであんなことやこんなことするからイイんだよ」

紬「で…でも…」モジモジ…

唯「だからもっと抵抗してよね!」ふんす!

紬「わかったわ…私、やってみるね!」ふんす!

唯「じゃあもっかいやるよ~」

紬「はい!」



憂(お姉ちゃん…その調子だよ!)グッ!



ぜんじつ

憂「紬さんを強姦?」

唯「うん。ごうかんだよ!」

憂「どうして強姦なんてしたいの?」

唯「ムギちゃんともっと仲良くなりたいなって」

憂「仲良くなるために強姦?」

唯「うん。あずにゃんも強姦して澪ちゃんと仲良しさんになったんだって」

憂「そうなんだ…」

唯「憂、ムギちゃんを強姦するにはどうすればいいかなー?」

憂「う~ん。そうだねー、こんなのはどうかな」ゴニョゴニョ

唯「ふむふむ。さっすが憂。名案だよ~」



憂(恋してるお姉ちゃんかわいい!)



ほんじつ

唯「というわけでムギちゃん、強姦させて」

紬「と、唐突ね…」

唯「こうやってお願いすればムギちゃんは断れないだろうって憂が言ってたから」

唯「駄目かな?」

紬「ううん。駄目なんかじゃないよ」

紬「私、唯ちゃんみたいな子に強姦されるのが夢だったから」

唯「私もムギちゃんみたいな子を強姦したいと思ってたんだ」

唯「それじゃあ…」

紬「どーんと来いです…///」

唯「もー! ムギちゃんは分かってないなぁ!」プンスカ!



すうふんご

紬「嫌っ! 助けて!! 犯されちゃう!」

唯「へっへっへっ。ムギちゃんの体を隅々まで犯しちゃうんだから」

紬「だ、駄目~」

唯「逃げても無駄だよ」ガシッ

紬「っく…」

唯「実は私怯えてる女の子の顔を見るのが大好きなんだ」

紬「ゆ、ゆいちゃん?」

唯「まずはこれをつけるよー」ガシッ

紬「えっ、手錠」

唯「次はガムテープで腕を後ろに固定して……」グルグル

紬「こんなの…やりすぎじゃ…」

唯「ごうかんなんだからこれくらい当然だよ」

唯「ムギちゃんは私みたいな子にごうかんされるのが夢だったんだよね?」

紬「そ、そうだけど」

唯「じゃあ何も言わないで」

唯「脚もガムテープで固定するよー」グルグル

紬「これじゃあ動けない…」

唯「ムギちゃんは動かなくてもいいんだよ。私がごうかんするんだから」

紬「…うん」

唯「次は……そうだね。そろそろ口を塞ごうか」

唯「うるさいし」

紬「えっ」

唯「ガムテープをバシッっと」バシ

紬「う~う~」

唯「恨めしそうな顔してるムギちゃんかわいいねー」



憂(いきいきしてるお姉ちゃんかわいい!)

紬「うーうー」

唯「真っ赤な顔してこっちを睨んでる」

唯「こんなムギちゃんはじめてみたよ~」

唯「ムギちゃん今どんな気持ち?」

唯「信じてたのに裏切られた?」

唯「私がこんなことするわけないと思ってた?」

唯「ごめんねムギちゃん」

紬「うー?」

唯「こんなことしちゃって」ガシッ

紬「…!」

唯「ムギちゃんのおっぱい鷲掴み~。痛い? ねぇ、痛い?」

紬「うぅ…」

唯「あらら、涙目になっちゃった」


憂(ちょっと暴力的なお姉ちゃんもカワイイ!)



ぜんじつ

憂「お姉ちゃん、紬さんが嫌がってても絶対に途中でやめちゃ駄目だよ」

唯「そうなの?」

憂「うん。途中でやめたら嫌われちゃうかもしれないから」

唯「ムギちゃんに嫌われるのは嫌だよ~」

憂「徹底的に紬さんに酷いことして」

憂「そうすればもっと仲良くなれるから」

唯「憂が言うからには間違い無いだろうね」

唯「うん。ムギちゃんのこと徹底的にごうかんするよー」

憂「お姉ちゃん、ファイト! だよ!」



ほんじつ

唯「言葉攻めはこれくらいでいいかな?」

紬「う?」

唯「ううん。こっちの話。それじゃあムギちゃんを脱がせるよー」

紬「うーうー」

唯「ほら、暴れない…と言っても全然動けてないけどね」

唯「前のボタンを外すからじっとしててねー」

唯「ほら、取れた」

紬「うー//」

唯「ムギちゃん真っ赤だよ。私に裸を見られるの初めてじゃないのに変だねー」

紬「うー…」

唯「もしかして私のこと好きだからかなー?」

紬「…!」

唯「こんなことされても嫌いにならないなんてムギちゃんはマゾさんなのかなー」

紬「うー」プイッ

唯「…顔を逸らしちゃった。照れちゃったんだねー」

唯「じゃあブラも外しちゃおうか」ポチッ

唯「おー! たぷんたぷんだ!」

紬「うー//」

唯「それじゃあ乳首を噛みちぎっちゃおー!」

紬「!?」

唯「乳首噛みちぎられたらおっぱい出せなくなっちゃうね」

唯「赤ちゃんができてもおっぱいあげられなくなるんだよ」

唯「あはは。それ以前に恋人さんができても恥ずかしくて裸になれないかな」

唯「彼氏さんができてもエッチなことできないね」

紬「…ぅ」

唯「今度は青くなっちゃった」

唯「人間の顔って本当に青くなるんだね。はじめてみたよ」

唯「ムギちゃんは白人さんの血が入ってるから特別かなー」

紬「…」キッ

唯「だめだめ、青ざめた顔で睨まれても怖くないよ」


憂(鬼畜なお姉ちゃんもカワイイ!)

唯「そろそろムギちゃんのちくびを…ってあれ」

紬「?」

唯「ムギちゃんのちくび固くなってるね」ツンツン

唯「もしかして…ちくび噛み千切られるところ想像して感じちゃったのかなー?」

紬「うー」フルフル

唯「必死に首振ってるけどあやしいなー」

唯「ひょっとしてムギちゃんって変態さん?」

紬「うー」ギリッ

唯「おお、こわいこわい」

唯「もう乳首にお別れは言ったかな? そろそろいくよー」

紬「うーうーうー」

唯はゆっくり紬の右胸に顔を近づける。
間近で見ると紬の胸は透き通るように白く、染一つないのがよくわかった。
乳首は金平糖のような綺麗なピンク色をしている。

唯は乳首に誘われるように口を空けた。
一呼吸おいてから、乳房に吸い付いた。
柔らかな胸が唇に触れて心地良い。
肌の心地を堪能した後、歯を立ててすこしだけ力を入れた。
傷つけないように、ほんのすこしだけ。

紬の体がピクリと動くのが分かった。
紬が感じているのだと理解した唯は、何度も何度も甘噛を繰り返す。
やがて紬は顔をすっかり紅潮させてしまったが、乳首を噛み続けている唯にそれを知る術などない。
行為はただひたすらに繰り返されたのだ。

唯「びっくりした? ねぇ、びっくりした?」

唯「本当にちくび噛み千切られちゃうと思った?」

唯「そんなことするわけないのにね。これはただのごうかんだもん。って、あれ」

紬「…」

唯「なんだかムギちゃんとっても色っぽい」

唯「もしかして感じちゃった?」

唯「ちょっとパンツを触ってみよっか」ツンッ

紬「…ぅ」

唯「濡れてる…」



憂(やったネ、お姉ちゃん。もう少しで陥落だよ!)

唯「そろそろお口のテープ外してもいいかな」ベリッ

紬「はぁ…はぁ…はぁ…」

唯「ムギちゃん、今どんな気持ち?」

紬「唯ちゃん‥‥唯ちゃん‥‥」


紬は困惑していた。
彼女はこのふざけた遊びが早く終ることを期待している。
もちろん唯と縁を切るつもりなどない。
ちょっと悪ふざけが過ぎただけ、そう考えるぐらいの余裕が先ほどまではあった。

しかし今の紬に余裕はない。
乳首を攻められ股間を濡らしたことで、彼女の自尊心は崩壊した。
口を解放されたにもかかわらず、彼女は抗議することも罵ることもできなかった。
ただ唯の名前を呼び続けた。
愛しい、唯の名前を。

紬「唯ちゃん…唯ちゃん…唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃん」

唯「ムギちゃん、いったいどうしちゃったの?」

紬「唯ちゃん好き」

唯「うん。私も好きだよ」

紬「唯ちゃん大好き」

唯「うん。私も大好きだよ」

紬「唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃん好き好き好き」

唯「えーっと…ムギちゃんムギちゃんムギちゃん好き好き好き」

紬「唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃん」

唯「ムギちゃんムギちゃんムギちゃんムギちゃんムギちゃんムギちゃんムギちゃんムギちゃん」

唯・紬「大大大好き」



憂(わけもわからず紬さんと張り合っちゃうお姉ちゃんもカワイイ!)

?「なにか騒がしいわね」

憂(!?)

和「唯とムギじゃない。ムギの方はしっかり拘束されてるし」

和「何がどうしてこうなっちゃったのかしら…」

和「わかったわ。憂の入れ知恵ね」

憂「うん」

和「駄目じゃない。変なこと教えちゃ」

憂「お姉ちゃん達にも喜びを知って欲しいと思ったんだけど、いけなかったかな、和ちゃん」

和「もう…ふたりきりのときはご主人様でしょ」

憂「ご主人様//」

和「…あの二人は大丈夫そうね。憂、ついて来なさい」

憂「はい。ご主人様//」

唯「ムギちゃん、ちゅーしていい」

紬「うんっ!」

唯「ちゅー」


ストレートな感情表現の末、二人は先程までのことをすっかり忘れてしまった。
痛めつけ、傷めつけられる関係だったことなど、二人にとってもう遠い過去でしかない。

唯の唇を紬の唇は精一杯受け止めた。
力強く押し付ける、幼稚なキス。
不恰好に唇が歪む、強烈なキス。
手を拘束され動けない紬のかわりに、唯は思い切り紬の体を抱きしめた。
強く、痛いほど強く。
当然痛みはあったけが、それよりうれしさが勝った。
紬は唯の抱擁に体を預け、幸せを噛み締めた。

紬「唯ちゃん。私今、すっごい幸せ」

唯「奇遇だねー。私も今すっごいすっごい幸せなんだー」

唯「ちょっと待ってね。このロープほどいてあげるから」チョキチョキ

紬「あっ…」

唯「ねぇ、ムギちゃん。私のことぎゅーって抱きしめてよ」

紬「いいの?」

唯「うん! ぎゅーって力いっぱい抱きしめて」

紬「そんなことしたら壊れちゃう」

唯「大丈夫。ね、ぎゅーって」

紬「こうかな?」ギュー

唯「もっと」

紬「うん」ギュー

唯「もっともっと」

紬「うん」ギューギュー


2
最終更新:2013年02月27日 21:05