※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~~~~~~~~~~~~~~

律は書院のふすまを開けるなり、唯を叩き込む。

律「唯!お前トチ狂ったか!?」

唯「酷いよりっちゃん、ひきずり回すなんて~」ブー

 澪達家臣一同も、どかどかと入ってくる。狭い部屋は人でいっぱいになった。

澪「唯!何であんなこと言った!」

唯「……いやになっちゃった」

梓「何がですか!」

唯「降るのが」

澪「今になって何だ!さんざん話しただろ!関白にはかなわない!だから降ると唯だって了解しただろうが!」

唯「だから、いやだよ!!」

澪「子供みたいなこと言うな!!」

唯「だってだって、大勢で押し寄せてさんざん脅しをかけといて、和戦を聞きたいなんて言うんだよ!?それで、降るに決まってるって言うなんて……そんな人に頭を下げるなんていやだよ!」

澪「我慢するんだ!今降れば、城も所領も安堵されるんだ!だから……」

唯「やだやだやだ!強い人が弱い人を苦しめて、才能ある人が才能無い人をいいように振り回すなんて……これが世の中なの!?だったら私はいやだ!私だけはいやだよぉっ!!」

澪「唯……」

家臣一同「……………」

律「よし、唯!私は乗ったぞ!」

梓「私もです!」

澪「お前らは戦がしたいだけだろうが!」

姫子「私も乗ったわよ!」

澪「え?」

信代「私も乗った!」

潮「私も!」

春子「私も!」

『私も!』『私も!』『私も!』『私も!』『私も!』……

澪「み、みんな落ち着け!早まるな!考え直してくれ!」

律「あとは澪だけだぜ?」

澪「わ、私は……その……二万の大軍と戦うなんて……」

律「よーし、みんな!澪は仲間外れってことで……」

澪「わ、分かったよぉ!戦う!私も戦うよぉ!」ジワッ

律「そーこなくっちゃ!」ニヤリ

澪「うぅ……だけど唯、本当にそれでいいのか?」

唯「もちろん!さっきから言ってる通りだよ」

澪「そうか……やるか…………うん……よし、やろう」グッ

律「やろうぜ!上方軍の鼻っ柱をへし折ってやる!」

梓「やってやるです!」

 『そうだそうだ!』
『やろうやろう!』
『上方がなんだ!関白がなんだ!』

家臣一同が口々に叫び、狭い書院は熱気に包まれた――

~~~~~~~~~~~~~~

 ガラガラッ!

大広間の上段の襖と下座の襖が一斉に開き、成田家家臣一同がドカドカと入ってくる。

菖「うわっ!今度は何?」

唯「待たせたね、菖ちゃん!」

菖「(いきなり、ちゃん付け……)あなた、考えは改めた?」

律「いや~、私達みんなで諫めたんだけど、こいつ頑固でな。全然言うこと聞かないんだ」

澪「だから……唯の言うとおり、私達は戦うことにしました!」

菖「えぇっ!?」

唯「うんうん!」

菖「ちょっ……二万の軍勢を相手に、戦するって言うの!?」

唯「坂東武者の槍の味…………たーっぷり味わってね!!」フンスッ


============
丸墓山山頂・上方軍の本陣
============

幸「菖、遅いね。和議が長引いてるのかな(相手はすぐ降るはずなのに……)」

晶「……来た!」

 彼方の桜が丘城の大手門から、菖達三騎の馬が、猛烈な勢いで飛び出していく。

晶「あの様子だと、破談だな」

幸「えっ!?」

晶「これでよし。くっくっく……」

幸「晶、どうして笑ってるの?笑うと怖いよ」

晶「う、うるせーよ!」


============
桜が丘城本丸・居館の廊下
============

軍使の前で大見栄を切ってみせた唯だったが――

澪律「よいしょ、よいしょ」グイグイ

唯「ふえ~……」ズルズルズル

律「まったく、あいつらが出て行った途端、腰抜かしやがって」

澪「こんなんで、よくあんなことが言えたもんだな」

唯「えへへ……面目ない」ポリポリ

梓「唯殿……戦を決めたのは、もしかして姫様のことを……」

唯「ほえ?なぁに?」

梓「いえ、何にも……」

紬「みんなーっ!」ダッダッダッ

梓「あ、姫様!」

紬「すぐ……すぐに来て!和ちゃんが……和ちゃんがっ!!」

澪「……え!?」


=======
居館・奥の寝間
=======

和は息を引き取った―――

顔に白い布をかけられた和の周りを、家臣一同と紬が囲む。皆、じっと黙ったまま亡骸を見つめている。

唯「…………」

澪「……みんな、ここで和に誓おう。これからは唯を城代とし、桜が丘軍の総大将とすることを」

律「……ああ」

梓「……はい!」

 『はいっ!!』

澪「和、ごめん……命令には従えない……」

唯「和ちゃん、私、いちご食べられても、もう怒らないからね……?」

澪「おい、唯!」

唯「もう朝寝坊したりしないからぁ……和ちゃん、起きてよぉ……」グスッ

律「唯、今は泣くな!お前は今、総大将なんだぞ!」

梓「そうです!そんなことじゃ、和殿は喜びません!」

唯「…………うん、ごめん」ズビッ

澪「それじゃあみんな、誓いの金打だ」

 澪は脇に差していた小刀を取り出す。それに続いて、他の家臣達も小刀を取り出す。
 刀身を少し抜き取り、皆一斉に、鞘に収めた。

 カチン――

 小気味よい金属音が響きわたる。その音を、唯は目を閉じて聞き入る。その目尻には、涙が零れずに留まっている。

紬「……戦になるのね」

唯「うん。ごめんね、ムギちゃん――あ、さわちゃんの言いつけはどうしよう!」

律「ほっとけよ。そんなのこっちが勝てば大丈夫だって!」

澪「それじゃあ、軍議を始めるぞ!」


========
一方、丸墓山山頂
========

幸「成田家が戦う……?」

菖「そーなのよ!何か初めは揉めてたけど、最後には戦をするって言い切ったの!」

幸「うそ……何かの間違いじゃ」

晶「間違い?何がだ?」

幸「ううん、何でも……」

晶「そうか、奴らは戦うか……ククク、そうこなくっちゃな!それが人ってもんだよ!」

幸「晶……まさか初めからこうするつもりだったの?菖を遣わしたのも、戦をけしかけるために……」

菖「え、なに?何のこと?」

晶「私は危うく、人ってもんにたかをくくっちまうとこだったぜ!ハハハハッ!」

幸「晶……戦は遊びじゃないんだよ」

晶「さぁ、軍議を始めるぞ!合力の将達も集めろ!」


==========
桜が丘城本丸・大広間
==========

重臣達が一同に会して、軍議を執り行っている。

澪「それじゃあ、七つの守り口の将を決めよう。希望はないか?」

梓「私はどこでもいいです」

律「私は長野口がいい!あ、鉄砲組はいらないからな~」

澪「それじゃあ……下桜口は梓」

梓「分かりました!」

澪「佐間口は私がやる。大宮口は遠藤殿、皿尾口は巻上殿、北谷口は三浦殿、持田口は佐久間殿が努めてくれ。いいか、兵の数は少ないけれど、地の利や人の利はこちらにあるんだ。それらを使って、私達にしか取れない軍略で勝利を掴むぞ!」

律「澪、私は私の思い通りに軍略を練るからな~」

梓「(心配だ……)」

澪「守り口の将は、それぞれの判断で持ち場を守ってくれ。ただし……無茶はするなよ」ジロ

律「なっ……私だけかい!」

『あははははは!』

唯「あの~……私はどこを守るのかなぁ?」

律「え?う~ん……誰か、守り口に唯が欲しい奴はいるか~?」

 シーン……

唯「みんなひどいっ!」ガーン

澪「唯……総大将は本丸にいてくれればいいから」

唯「ちぇ~」シュン

律「な~に、実戦は私達に任せろ!な?」


=======
丸墓山のふもと
=======

 晶の兵舎の中、上方軍の諸将達も、車座になって軍議を行っていた。その中心には、桜が丘城の地図が広げられている。

晶「それぞれの攻め口を決めるぞ。この長野口ってとこは……幸!」

幸「うん」

晶「下桜口ってとこは、私が行く。佐間口は、菖が行け」

菖「分かった!」

晶「大宮口は多賀谷殿、皿尾口は宇都宮殿、北谷口は佐竹殿が攻めてくれ。持田口は……敵の逃走を誘うために無人にしとく。いいか、敵は小田原に兵を割いてるから、城の兵はわずかだ。必ず勝つ!明日の朝に攻め入るぞ!!」

『応!!』


=============
その夜――桜が丘城・三の丸
=============

澪・律・梓は馬に乗り、城下の農村へと向かっていた。百姓達を兵力として徴発するためである。

梓「いいんですか?唯殿に内緒で」

律「あいつにこんなことできるかよ」

澪「いいか、村に敵がいたら、すぐに引き上げるんだぞ」

律「分ーかってるって」

 大手門にたどり着いた三人。すぐに門が開かれ、三人はそれぞれ違う方角へと駆け出して行った。

~~~~~~~~~~~~~~

 一方、丸墓山のふもとにある兵舎では、寝ている晶のもとに、一人の家臣が駆け込んできていた。

家臣「晶殿!城下の村に桜が丘城の兵が入りました!百姓共に入城を迫るつもりでしょう」

晶「ふわ~あ……ほっとけ」

家臣「はっ…?」

晶「城に人が多くなれば、ほころびは出てくる。ましてや百姓が素直に動くとは思えないしな……」


===
下桜村
===

 農村の中で一番大きい、憂の屋敷。澪は座敷に座り、憂・菫・直と対面している。土間には村のほとんどの百姓達が詰め寄せている。

澪「成田家は、関白と戦うことになった。だけど、城内の兵だけではあまりにも数が少ない……だから、百姓達も城に来てもらいたい」

憂「……戦はしないと言ったじゃないですか」

澪「仕方ないだろ。事情が変わったんだ」

憂「入城はお断りします!」

澪「なっ……!」

憂「こちらが負けることくらい、百姓にだって分かります!大方、律様か澪様が、家中の人々を賭けに投じてるんじゃないですか!?」

澪「そ、そんなこと……」

憂「違うなら違うと言ったらどうですか!」

澪「違う!!」

憂「じゃあ誰、が戦なんかしようと言ったんですか!?」

澪「ゆ、唯だ!!」

憂「…………え?」

 澪の一言に、憂は黙り込み、土間の百姓達は顔を見合わせた。屋敷はしばらく沈黙に包まれだが、それを破ったのは――

『あーっははははは!!』

澪「な、何がおかしい!」

憂「ふふっ、くすくす……しょうがないなぁ、お姉ちゃんは」

澪「え?」

憂「お姉ちゃんが戦するって言うなら、私達が助けてあげなくちゃダメだよね」

菫「その通りです!」

直「ふわふわ様ならしかたないですね」

『そうだそうだ!』『やってやろう!』『ったく、しょうがないなぁ』

澪「し、城に籠もってくれるのか?」

憂「もちろんです!スミーレちゃん、直ちゃん、武器と甲冑を持ってきて!」

菫直「はい!」タタタッ

憂「みんなも用意してきてね!」

『はっ!』ダダダダッ

澪「……まだそんな物を隠してたのか?」

憂「今は百姓でも、元を正せば、みんな坂東武者の血を受け継いでますから!」ニコッ

澪「(唯の名前を出した途端に、こんなに士気が上がるなんて……本当に何者なんだ、唯は……)」

 その後、澪は三の丸で律と梓に合流した際、二人が徴発に行った村でも唯の名前を出した途端、百姓達は加勢すると息巻いた事実を知ることになる。

~~~~~~~~~~~~~~

 一刻後、本丸とその先、二の丸の森は、百姓達の持つ松明の火で、一面埋め尽くされていた。
 唯達はその様子を、居館の玄関前から見つめている。

唯「ほぇ~、すご~い……」

梓「二千人はいるでしょうか……」

澪「一刻足らずで、全ての村が入城するなんて……」

律「勝てるかも知れねーぞ……」

澪「よし、唯。決起をうながせ」

唯「ええっ!?う、うん……がんばるよ」

 唯は一歩歩み出て、眼前の百姓達をじっと見つめる。

唯「えっと……みなさんこんばんはー!成田唯親でーす!」

『あはははははは!』

律「あのバカ……笑いを取ってどうする」

唯「み、みんな……ごめえええぇんっ!」ペコリ

『?????』

梓「ああ……せっかく初陣なのに、こんな始まり方……」シクシク

唯「和ちゃんは亡くなる前に言いました。城を開けなさいって……でも、私が無理を言ったせいで、戦にしてしまいました……みんな、ごめんなさああぁい!」ペコリ

澪「何言ってるんだ!みんなの士気が下がるだろ!」

唯「ごめんなざい……和ちゃん……ひっく」

菫「ふわふわ様、泣いてますよ……」

直「城代が亡くなったんだね」

唯「ふ……ふえぇ~ん!!のどがぢゃあああぁん!!」ズビズビ

憂「お姉ちゃーん!がんばってー!」ウルウル

律「なんじゃこりゃ……」

澪「やれやれ……」

梓「あぁ……初陣……」

憂「お姉ちゃーん!えいえい!えいえい!」チラッ

菫直「「あっ……お、おーっ!」」

憂「えいえい!」

菫直「おーっ!」

憂「えいえい!」

『おーうっ!!』

 決起のかけ声は次第に勢いを増し、いつしか全ての百姓が声を上げていた。

『えい!えい!おぉーうっ!!』

唯「びえぇーん!びえぇーん!」エグエグ

澪律梓「…………」ポカーン

~~~~~~~~~~~~~~

 桜が丘軍の鬨の声は、上方軍の陣営まで響いていた。

『えい!えい!おぉーうっ!!えい!えい!おぉーうっ!!』

幸「……大変な城を敵に回しちゃったな……」

晶「ぐー、ぐー……」

菖「むにゃむにゃ……わぁい、胸が膨らんだ~……」

幸「勝てる……よね?」ハァ


=============
深夜――桜が丘城本丸の居館
=============

ポロン、ポロロン……

 大広間に三味線の音が静かに響き渡る。部屋の真ん中で、唯が一人きりで弦をつま弾いているのである。

唯「明日はいよいよ戦かぁ……」ポロン

ガラガラッ!

紬「唯ちゃん!」

唯「あ、ムギちゃん。どうしたの、こんな遅くに?」

紬「唯ちゃん……関白の使者が、私を関白の側女にするように言ってきたってホント!?」ズイッ

唯「え?あ……うん」ポロロン

紬「戦をするって言ったのは……私のため!?」ズズイッ

唯「そ、そそ、そんなわけないよぉ?」

紬「そうなんでしょ!?」ズズズイッ

唯「だから、違うよ~」

紬「そうだと言って!唯ちゃん!!」ポカスカポカスカ

唯「あいたたたた!ムギちゃん、痛いよ痛いよ!!」

紬「…………」ピタッ

唯「……ムギちゃん?」

紬「……ちゃ、ちゃんちゃらおかしいわね!!」

唯「へ?」

紬「唯ちゃんのバカ!!」ダダダダッ

唯「…………行っちゃった」ポロロン


===
下桜口
===

数十人の兵が守りを固めている。その中にいる梓は、城塀から身を乗り出して外の様子  を見ていた。晶の陣のかがり火が、無数にゆらめいている。

姫子「中野殿、寝ずの番は私達に任せてお休みください」

梓「いや、私だって眠るわけには……」

紬「梓ちゃーん!」タッタッタッ

梓「ひ、姫!?どうしてここに……?」

紬「梓ちゃん……私のこと、好き……?」

梓「え!?……は、はい……」

――むぎゅっ

梓「にゃっ!!?」

『おぉ~!』

梓「(ひ、姫が私に抱き……どういうこと!?ああ……にしても、なんて柔らかくて、いい香り……)」

 ――ちゅ

梓「むぐっ!!?」

三花「ヒューヒュー!」

エリ「お熱いね~!」

姫子「ふふっ、いい冥土の土産だね」

梓「(もう、わけ分かんない……でも……ずっとこのままでいたい……)」クラクラ

紬「……ぷはぁ」

梓「ぷはっ!はぁはぁ……」

紬「が、頑張ってね!」タッタッタッタッ

梓「(これは……夢か幻か……)」ポケーッ

三花「中野殿?おーい」ユサユサ

梓「少し……寝ます……(この夢が覚めませんように……)」フラフラ


 そして――決戦の朝はやってくる。


5
最終更新:2013年03月03日 21:21