~~~~~~~~~~~~~~

 湖上の澪達は、一心不乱に船をこいで、歌う唯へと近づいていく。

唯「♪私前世は~上方人~」ジャカジャカ

澪「唯ー!やめろーっ!!」

律「早まるんじゃなーい!!」

梓「戻ってきてくださーい!!」

紬「唯ちゃーん!!」

唯「♪一、二、三、四、ご・は・ん!」ジャカジャカ

~~~~~~~~~~~~~~

いちご「……一、二、三、四、ご・は・ん」ブツブツ

晶「さっさと撃てぇ!!」

いちご「オホン……御意」

幸「晶!お願いだからやめて!!」

晶「ゴチャゴチャうるせーっ!!デカ女は黙ってろ!!」

幸「で、デカ女……」シオシオ

菖「ああっ、幸がどんどん小さく!ちょっと晶!いくらなんでも酷くないっ!?」

幸「…………もういいよ。晶、ホントはね、成田家はすでに降ってるの。城主が殿下に内通の意を示したの。だから……戦わなくても勝てたのっ!!」

晶「な、なにィ!?」

菖「うそっ!?私聞いてない!」

唯「♪一、二、三、四、ご・は・ん!」ジャカジャカ

晶「……………………」

唯「♪一、二、三、四、ご・は・ん!」ジャカジャカ

晶「………………………………………撃て」

菖幸「!!?」

いちご「御意」

 カチャッ ジリジリジリ……

幸「ダメェ!!!」

唯「♪一、二、三、四」



 ニコッ



いちご「…え」



 ダァ――――――――――――――ンッ!!!



唯「♪ご・は・」

 バズッッ!!!

 ッッ……

 ッ…

 …


 バッシャ――――――――ンッ!!!


 夜空に血しぶきの弧を描き、唯の身体は大きく吹っ飛んだ。

 そのまま仰々しい水音を立てて、湖に落下する。

紬「ひっ……!」

梓「あぁ……あ……」

律「…………ゆ」

澪「唯ぃ――――――ッ!!!」

 ドボーン! ドボーン!

 澪達は次々に湖に飛び込み、唯の落ちたところまで一心不乱に泳いでいく。

 水を朱く濁らせながら沈んでいった唯だったが、やがて力なく水面へと浮上していった。

澪「唯!唯ィ!!」

 澪がいち早く、唯の身体に近づく。

唯「…………あ、澪……ちゃん」

澪「唯っ!急所は外れたかっ!!」

唯「……えへへ…………」ガクリ

澪「……唯のバカァ―――――――ッ!!!」

~~~~~~~~~~~~~~

菖「晶のアホ―――――ッ!!」ドゲシッ

晶「ぐえっ!何すんだこのっ!!」

菖「何で撃っちゃうのよ!何もしなくても勝てるって、幸が言ったじゃない!!」

幸「これでこの戦は泥沼……」シオシオ

晶「……フンッ!!どいつもこいつも私をみくびりやがってェ!!」

 陣が一気に静まり返った中、昌はきびすを返してその場を去っていった。

いちご「…………あの子、何で笑った……」

~~~~~~~~~~~~~~

人夫「あ~あ、これでおしまいか。せっかく面白かったのによぉ」

純「…………」ボー

人夫「おい、どうした嬢ちゃん?」

純「…………上方軍め……」


===========
桜が丘城本丸居館・寝間
===========

 唯は布団に寝かされている。それを澪、律、そして紬が見守る。

律「……とりあえず、一命は取り留めたな」

澪「ああ……でも、左肩を砕かれている。もしかしたら、一生上がらないかも……」

唯「…………う~ん……」

紬「唯ちゃん!気がついた!?」

唯「あいたたたぁ……」

澪「肩をやられてるんだから、ムリするな」

唯「……ねえ、城のみんなは?」

澪「兵も百姓も、上方討つべしと騒いでるよ……お前の狙い通りにな」

唯「狙い通り?どゆこと?」

澪「この期に及んでとぼけるなっ!」

律「死んで兵の士気を上げようとしたろ!」

唯「ほえ?」

紬「唯ぢゃん……」ワナワナ

唯「ムギちゃん……あれ?怒ってるの?泣いてるの?」

紬「……唯ちゃんのバカバカバカ!!死のうとするなんて許さないんだから!!」ブンブンブンブンッ

唯「あたたたた!!ムギちゃん、痛い痛い!!」ガクガクガク

澪「おい姫様!やめろ……」ガシッ

紬「いやぁっ!!」ブゥン!

澪「へっ!?」フワッ

ドグシャッ! ドスン! バリバリバリ!!

律「ああ!澪が吹っ飛ばされて、障子を突き破ったまま廊下まで!?おい姫!いいから落ち着け!!」ガシッ

紬「もうっ!!」グイッ!

律「なっ!?」

ブゥオォンッ! ゴキッ!!

律「うぎゃああぁっ!!肩が!肩が外れたああぁっ!!」ジタバタ

~~~~~~~~~~~~~~

その頃大広間では、兵と百姓達が大勢詰め掛け、息巻いていた。上座に立つ梓は、ぐいぐいと詰め寄られている。

『なんで今すぐ打って出ないんだ!』ワーワー

『ふわふわ様の弔い合戦だーっ!』ギャーギャー

梓「ですから、唯殿は死んでませんってば!あくまで手傷を……」

『舟に乗って夜襲を掛けるぞ!』

『上方軍は皆殺しよっ!!』

梓「ちょっと落ち着いてくださーい!はぁ、もうどうすれば……」

憂「みなさん、静かに!」

 突如叫んだ憂の声に、百姓一同は、一斉に口をつむぐ。

憂「下桜村の憂です。さっき、村の水練上手の子を放ちました!もうすぐ堤に辿り着く頃です。その子が堤を崩します!!」

梓「い、いつのまにそんな……」

憂「うふふふふ……お姉ちゃんを撃ったやつらなんて、みーんな濁流に飲まれて死ねばいいんだぁ」ニタァ

梓「……」ゾワッ


========
その頃――恩那堤
========

ザバァ……

月明かりの下、菫が湖面から姿を現した。

菫「(堤は俵を積み上げて出来ている……ならば俵を幾つか引き抜けば、水が抜けるはず!)

 菫は敵兵の目をかいくぐり、かがり火の明かりが届かない堤の陸側へと回り込む。

菫「(……これは?)」

 堤の崖の部分に、人が一人入れるくらいの穴が、ぽっかり空いていた。

 ゴソゴソ……

菫「(奥から何か来る!?)」

 ヒョコ

純「……はー、はー、くそぅ……」ドサッ

菫「え……!う、うそ!?」

純「ス、スミーレ!?」

純菫「「どうしてここに!?」」

『ん、今何か聞こえなかったか?』

純菫「「(……しーっ!!)」」

純「な、何しに来たのよ、あんた?」ヒソヒソ

菫「命を受けて、堤を崩しに来ました……ふわふわ様の敵討ちです!」ヒソヒソ

純「……なら手伝って」ゴソゴソ

菫「どうして私より先に……?」

純「私が俵を外に出すから、スミーレは堤に沿って置いてね。見つからないようにね!」

菫「……侍が憎かったんじゃないんですか」

純「う、うるさいわねっ!///」ゴソゴソゴソ

 純は照れながら、穴の中へ入っていく。そして、腰縄から抜いた小刀で、俵に穴を開け、中の土を抜いていく。軽くなった俵を引き抜くと、それを菫が穴の外へと運び出していく。

純「くそぅ、くそぅ……上方軍め、見てろ……よくも、よくもふわふわ様を……目にもの言わせてやるぅ……!」ザクッザクッ

菫「(……口ではいつも悪く言ってましたけど、やっぱりふわふわ様が好きだったんですね)」

純「くそぅ、くそぅ……百姓をなめるな……坂東武者の末裔を……」ザクッザクッ

 ブシャアアアアァ!!

純「うわっぷ!!」

菫「み、水が出た!!」

 ブシャアアアア―――――ッ!!

純「スミーレ!逃げてえぇ!!」

菫「きゃあああああっ!!」ダダダダダッ

 菫は一目散に逃げ出す。穴の奥から純も這い出てこようとしたその時、悲鳴に気づいた敵兵が、穴から顔をのぞかせた。

敵兵「おい!何をやって……」

純「どいて邪魔邪魔ぁー!」

 ゴボゴボゴボゴボ……

敵兵「なっ……水が

 ドッパァ―――――――――――ンッ!!!


====
晶の本陣
====

 大勢の兵がいる兵舎に、決壊した湖水が迫ってくる――

 ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”・・・

『む、何だこの音は!?』

 ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”・・・

『み、水だ!鉄砲水だあぁ!!』

『堤が破れたのか!?』

『に、逃げろお――っ!!』

 ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”━━━━━━━━━━━━━━━・・・

 洪水は轟音を立てて、立ち並ぶ兵舎も逃げ惑う兵達も、ことごとく飲み込んでく。

~~~~~~~~~~~~~~

 ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”・・・

晶「な、何だ何だ!!」

 濁流は晶のいる兵舎にも迫ってくる。外に飛び出した晶は、噴出してくる水を目の当たりにした。

晶「嘘……だろ!?」

『堤が決壊したあああ!!』

『水が!水が来る!うわあああああああっ!!』

晶「落ち着け!高地へ逃げるんだ!丸墓山へ急げぇ!!」ダダダダッ



===
丸墓山
===

 晶と兵達は、全身全霊、必死の形相で山の斜面を駆け上っていく。

晶「頂上だ!頂上へ早く!」ダッダッダッダッ

 しかし――

 ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”・・・

 低くなだらかな山肌を、濁流はあっさりと飲み込んでいく。

晶「もうすぐ!もうすぐだぞ!!」ダッダッダッダッダッ

『ひいいいいいいぃっ!!』

晶「……よし!頂上だ!着いた着いたぞ!ここまで来れば……」クルッ

 ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・

晶「………………」

 後ろを振り返った晶が見たもの、それは目の前で濁流が飛沫をあげて、後続の兵達を一人残さず引きずり込んでいく様であった。

晶「あ……あぁ……」ペタリ

 晶は茫然自失となり、その場にへたり込んだ。

堤の決壊箇所は脆くも自壊し、水量はみるみるうちに増していき、山の周辺は一面の水で覆い尽くされた。

 その一方で、桜が丘城を囲んでいた水はみるみるうちに引いていき、二の丸、三の丸までもがその姿を現していった――


===========
桜が丘城本丸居館・寝間
===========

澪「水が引いたって!?」

アキヨ「はいっ!堤が破れ、上方軍の陣に一気に流れ込んだと……」

律「マ、マジかよ!?」

澪「堤が破れた……はっ!?まさか唯……」

唯「……えへへ」ポリポリ

澪「水攻めを破るって、こういうことだったのか!?」

唯「城の外のお百姓さんも、みんな私達の味方だもん」ブイッ

澪「最初から士気を上げるのが狙いじゃなかったのか!気づかなかった……」ポカーン

 この時、澪は確信した。

澪「(唯……やっぱりお前は底知れない将器を持った、稀代の名将だよ…………)」


=======
本丸居館・門前
=======

憂「ええっ!?純ちゃんが!」

菫「はい……でも、逃げる途中で見失いまして……もしかしたらそのまま水に……」ポロポロ

憂「純ちゃん……」

梓「…………」

澪「梓!どうしたんだ?」テクテク

梓「澪殿!こちらにいる憂の村の者が、堤を破ったんです!」

澪「そうか、よくやってくれたな。これで城は救われるぞ」

憂「はい……でも破ったのは、城の外にいた者で……戦に加わらず、村を逃げ出していたんです」

澪「そんなことはもういい。その者にお礼を言いたい。今どこに?」

梓「それが……」ヒソヒソ

澪「え…………そうなのか」

憂「…………」グスッ

 ドド――――ンッ!!

澪「な、なんだ!?」

梓「堤の方からです!」

 澪と梓は城塀までかけていき、外をのぞく。

 ドド――――ンッ!!
 ドドド――――ンッ!!

 ザザザザザァ……

 堤の数ヶ所で爆発が起き、そこから水が外に流れ出している。

澪「発破をかけて、水を抜いてるんだ……あいつら、攻めてくるぞ!」

梓「水が退いたら……また一戦ですね」

澪「みんな!守り口が水から出てきたら、すぐに持ち場に戻れ!」

『応!!』


=====
丸墓山頂上
=====

晶「城が……浮いていく……」

 晶は、避難に成功した家臣達と共に、湖からゆっくり浮上してくる桜が丘城を、半ば放心状態で見つめていた。

菖幸「「晶ぁーっ!!」」

 ずぶ濡れになった二人が、山を駆け上ってくる。

幸「晶、無事だった!?」

晶「…………ああ……」

菖「も~、何回びしょ濡れになればいいのよ……」グショグショ

晶「見ろ、あれを……いつだったか、殿下が言ってた浮き城が、今そこにある……」

菖「あ……」

幸「ごめん……内通のこと、黙ってて……」

晶「いいんだ……今となっちゃどうでもいい。奴らは名実共に私達の敵。私達は戦をして、緒戦に敗れた。それだけのことだ……」

幸「晶……」

菖「でも、なんで堤が破れたんだろう?殿下が備中高松で築いたものより、強くしたのに……」

敵兵「申し上げます!!」

晶「ん、どうした?」

敵兵「この者が、堤を破ったと白状してござりまする!!」ドサァッ

晶「なんだって!?」

純「やぁ、久しぶりね……敵の総大将さん……」ボロボロ

 地面に投げ出された純は、手足を縛られたうえに暴行を加えられており、顔を真っ赤に腫らしていた。

晶「お前が……堤を破ったのか」

純「……」ブー

敵兵「応えろ!!」

純「……フンだ!!ふわふわ様を撃たれ、田んぼをダメにされた百姓が、黙ってるとでも思った!?ざまーみろ!猿にしっぽ振る犬共めっ!!」

敵兵「ななっ……!?」

菖「こ、この子何てことを……!」

幸「(……やっぱり)」

敵兵「無礼者!今ここで斬り捨てるっ!!」

純「望むところよ!!」

晶「やめろっ!!」

敵兵「はっ……?」

晶「幸、これがあの時、お前が止めた理由か」

幸「……」コクリ

晶「利に転ばない奴がここに……これが、成田唯親の策か…………

 ……ちっくしょおおおおおおおーっ!!!」ガスッガスッガスッガスッ

菖幸「「!!」」ビクッ

晶「こいつは放せ!水攻めを破ったのはこいつじゃない……成田唯親だ!絶対に、絶対に奴を倒すっ!!」

菖幸「(ほ、本気だ……)」

晶「全軍に伝えろ!水がはけたら、総攻撃をかけるっ!!」


10
最終更新:2013年03月03日 21:24